レシピサイトNadia
    主菜

    圧力鍋不要♪煮るだけ簡単牛すね肉のビーフシチュー

    • 投稿日2022/11/16

    • 更新日2024/01/25

    • 調理時間150

    牛すね肉たっぷり!水なしで作るのでとっても濃厚な仕上がりに!時間はかかりますが煮るだけなのでとっても簡単!たっぷり作って、味の染み込んだ翌日も最高に美味しいです^^冬のおもてなしにおすすめです♪ 薬膳効果 ☆牛肉...骨や筋肉の強化、食欲不振、虚弱体質、無気力に ☆じゃがいも...筋肉疲労、息切れに。胃痛、浮腫み、湿疹に、風邪予防に ☆にんじん...目の乾燥、視力低下、肝機能改善、食欲不振に、老化防止 ☆たまねぎ…滋養強壮に、血の滞りに、疲労回復に、生活習慣病予防に

    材料4人分作り置き分も入れた分量です。2人分の分量はポイント欄に♪

    • 牛すね肉(シチュー用)
      約1㎏
    • 玉ねぎ
      大2個(正味550g)
    • にんじん
      2本(正味280g)
    • じゃがいも
      4個(正味600g)
    • 塩、こしょう
      各適量
    • バター
      大さじ2
    • 小麦粉、水
      大さじ2
    • 乾燥パセリ
      適宜
    • A
      赤ワイン
      450ml
    • A
      コンソメ(顆粒)
      小さじ4
    • A
      砂糖
      大さじ1
    • B
      デミグラスソース缶
      1缶(290g)
    • B
      トマトケチャップ
      大さじ6
    • B
      中濃ソース
      大さじ4
    • B
      オイスターソース
      大さじ2

    作り方

    ポイント

    ・水溶き小麦粉の量でとろみ加減は調節してください。味噌をとくようにして少しづつ加えると綺麗に混ざります! ・火力によっては煮詰まり過ぎてしまうこともあるので様子を見てください。 ・4人分で22㎝の鍋を使っています。 【2人分の場合】 牛すね肉 500g 玉ねぎ 大1個(正味280g) にんじん 1本(正味140g) じゃがいも 2個(正味300g) 塩、こしょう 適量 バター 大さじ1 小麦粉、水 各大さじ1 乾燥パセリ 適宜 (A)赤ワイン 300㏄ (A)顆粒コンソメ 小さじ2 (A)砂糖 小さじ1と1/2 (B)デミグラスソース缶 1/2缶(145g) (B)トマトケチャップ 大さじ3 (B)中濃ソース 大さじ2 (B)オイスターソース 大さじ1 ※2人分の場合、煮詰まりすぎてしまうことがあるので、煮る工程では、必ず蓋をして弱火で煮てください。 ※工程4では、30分~40分様子を見ながら煮てください。

    • 玉ねぎはくし切りにする。 にんじんは乱切りにする。 牛すね肉(シチュー用)は塩、こしょうを揉み込む。 小麦粉、水を混ぜ合わせ、水溶き小麦粉をつくる。

    • 1

      鍋にバターを熱し、中火で牛すね肉を焼く。

      工程写真
    • 2

      両面焼き色が付いたら、玉ねぎ、にんじん、A 赤ワイン450ml、コンソメ(顆粒)小さじ4、砂糖大さじ1を加え、煮立ったら、蓋をして弱火で約1時間、たまに混ぜながら煮る。

      工程写真
    • 3

      蓋を開け、B デミグラスソース缶1缶、トマトケチャップ大さじ6、中濃ソース大さじ4、オイスターソース大さじ2を足し、弱めの中火~中火で30分煮る。 その間にじゃがいもの皮を剥き、ひと口大に切る。

      工程写真
    • 4

      じゃがいもを加え、約40~50分煮る。

      工程写真
    • 5

      水溶き小麦粉を少しづつ加えながら全体に手早く混ぜ、とろみを付ける。 器に盛り、お好みで乾燥パセリをかける。

      工程写真
    レシピID

    448596

    質問

    作ってみた!

    「ビーフシチュー」の基本レシピ・作り方

    こんな「ビーフシチュー」のレシピもおすすめ!

    関連キーワード

    松山絵美
    • Artist

    松山絵美

    料理家

    • ワインソムリエ
    • チーズコーディネーター
    • フードオーガナイザー
    • 薬膳漢方マイスター
    • 唎酒師

    9歳から14歳までの4児の母。 韓国ルーツを持つ夫との結婚をきっかけに韓国料理のレシピを学び、薬膳効果も期待できるヘルシーな韓国ごはんが得意。 また、子供受け抜群の家庭料理や時短節約料理、特別な日のおもてなし料理など、日々の料理を提案。 著書 『4児ママ・松山さんの薬膳効果つきやみつき節約めし』(主婦の友社) 『松山絵美のカンタンなことしかやらないレシピ』(ワン・パブリッシング) 『家族がよろこぶ! 松山絵美のBESTおかず500品』(ワンパブリッシング)  『松山絵美の体にやさしく本格派! 韓国ごはん』(宝島社)

    「料理家」という働き方 Artist History