レシピサイトNadia
    主菜

    【牛こまで時短&節約♪本格ビーフシチュー】

    • 投稿日2023/09/21

    • 更新日2023/09/21

    • 調理時間30

    • カロリー(1人分)-

    • 総費用目安-

    • 冷蔵保存2~3

    • 冷凍保存-

    !表示はすべて目安です。詳しくはこちら

    牛こま肉を使って時短と節約をかなえた「ビーフシチュー」。デミグラス缶とワインを使って簡単に本格的なビーフシチューを楽しむことができます。ウスターソースとバターを入れることで煮込み時間を短縮しながらもコク深い味わいに。お肉が柔らかいので小さなお子様も食べやすいのでおすすめです。 ★こんな人におすすめ □洋食メニューが好きな人 □時短したい人

    材料3人分

    • 牛こま切れ肉
      300g
    • 塩こしょう
      少々
    • 玉ねぎ
      1/2個
    • 人参
      1/2本
    • じゃが芋
      1個
    • ブロッコリー(茹で)
      1/3株
    • バター
      30g
    • A
      250ml
    • A
      赤ワイン
      100ml
    • B
      デミグラスソース缶
      1缶(290g)
    • B
      ケチャップ・ウスターソース
      各大さじ1

    作り方

    ポイント

    ・ウスターソースとバターを入れることで煮込み時間を短縮しながらもコク深い味わいに仕上げます。

    • 1

      玉ねぎは薄切りにする。じゃが芋と人参は一口大の乱切りにして水にくぐらせ、電子レンジ600W3分加熱する。牛こま切れ肉は塩こしょうで下味をつける。

    • 2

      深めのフライパンにバター15gを熱し、牛肉を中火で炒める。表面に焼き色がついたら、残りの1を加えてさっと炒め、A 水250ml、赤ワイン100mlを加えて煮立たせる。

      工程写真
    • 3

      アクをとり、B デミグラスソース缶1缶、ケチャップ・ウスターソース各大さじ1を加えて弱火で15~20分煮込む。バター15gを入れて混ぜる。

      工程写真
    • 4

      器に盛りつけ、ブロッコリー(茹で)をのせる。

      工程写真
    レシピID

    468462

    質問

    作ってみた!

    「デミグラスソース」の基本レシピ・作り方

    こんな「ビーフシチュー」のレシピもおすすめ!

    関連キーワード

    「牛肉」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    ゆり子
    • Artist

    ゆり子

    料理家・管理栄養士

    • 管理栄養士

    管理栄養士/共働き夫婦/夫・息子2人の4人暮らし。 仕事と子育ての両立を助けてくれる時短レシピや家族を笑顔にするおいしいレシピを日々記録中。 ■レシピ開発で大切にしていること 仕事や子育てで忙しい人でも作ることができる「簡単・時短レシピ」をお届けしています。全工写真付きレシピですので料理初心者の方でも安心です。 \料理で大切にしていること/ ①家にある調味料・買いやすい食材を使用 ②工程は少なくシンプルに ③食材を活かす家庭的な味付け ④体のことを考えた野菜たっぷりメニュー ⑤何より大事なことは料理をする自分自身が笑顔でいること ■YouTube「ゆり子のおいしい暮らし」ch登録者数15万人以上 YouTubeチャンネルでは平日5日間の晩ごはんの料理記録を週1回YouTube動画で配信しています。「献立づくりが楽になった」「億劫だった料理が楽しみになった」などたくさんの嬉しいお声をいただいております。料理のコツや調理のポイントなどもお伝えしていますのでぜひ一度のぞいていただけると嬉しいです。視聴者様は女性中心で、20代~60代まで幅広い年齢層の方にご覧いただいております。チャンネル登録者数は約15万人(2024年4月時点)。 ■Instagram Instagramでは見ながら作れるスワイプレシピやショート動画を投稿しています。ときどきブログにも掲載しないようなちょっとしたレシピ等も投稿することがありますので、ぜひチェックしてみてください♪ ■個人ブログ 個人ブログでは日々のレシピ記録を随時更新しています。YouTubeやツイッター、インスタグラムなどのSNSをまとめておりますので、このブログから全コンテンツをご覧いただけます。

    「料理家」という働き方 Artist History