レシピサイトNadia

    【豚ラグーのパスタ】炒めて煮るだけ!絶賛される本格ソース♪

    主食

    【豚ラグーのパスタ】炒めて煮るだけ!絶賛される本格ソース♪

    お気に入り

    19

    • 投稿日2023/01/25

    • 更新日2023/01/25

    • 調理時間45

    • カロリー(1人分)-

    • 総費用目安-

    • 冷蔵保存4~5

    • 冷凍保存3週間

    !表示はすべて目安です。詳しくはこちら

    炒めて煮るだけの簡単レシピながら、お店で食べるような本格的なパスタソース!美味しいイタリアンのお店で食べた味が忘れられず、試作を繰り返し再現しました。 ローリエやブーケガルニはなくてももちろん美味しくできますが、ある方が味と香りの深みがでるのでできれば使うことをおすすめします。(どちらも大体のスーパーで、ハーブやスパイスを売っている棚にあります!) トマトソースやオイルソースに飽きたら、普段と違うパスタを楽しんでみませんか?♡ 一度にたくさん作れるので、作り置きにもおすすめ!1食分ずつジップロックに小分けして冷凍しておけば、レンジで解凍してパスタと和えるだけで食べられます◎

    材料2人分

    • 豚ひき肉
      200g
    • 玉ねぎ
      1/2個
    • 人参
      1/2本
    • セロリ
      1/2本
    • 白ワイン
      200ml
    • 400ml
    • 固形ブイヨン
      1個(固形コンソメ同量でも代用可)
    • ローリエ
      1枚
    • ブーケガルニ
      1個(なくても可)
    • 塩、胡椒
      適量
    • パスタ
      180〜200g
    • パルミジャーノや粉チーズ
      お好みの量
    • パセリ
      お好みの量
    • 粗挽き黒胡椒
      お好みの量

    作り方

    ポイント

    - ひき肉を炒める際はかたまりのまま焼き目がつくまで触らず崩さないようにすると、余分な脂が出ず美味しく仕上がります - ローリエ、ブーケガルニはなくても作れますが、あると香りが良いのでできれば使うことをおすすめします

    • 玉ねぎ、人参、セロリをみじん切りにする。

      工程写真
    • 1

      鍋や深めのフライパンを中火にかけ、オリーブオイル大さじ1(分量外)を熱する。豚ひき肉を入れて鍋底に広げ、片面にしっかりと焼き色をつける(焼き色がつくまで触らない)。あまり崩さないように裏返してもう片面も焼いたら崩しながらかき混ぜ全体に火を通し、鍋から一度取り出す。

      工程写真
    • 2

      同じ鍋に再度オリーブオイル大さじ1(分量外)を熱し、みじん切りした玉ねぎ、人参、セロリを入れる。塩ひとつまみ(分量外)をふり、しんなりするまで炒める。

      工程写真
    • 3

      2のひき肉を戻し入れ、白ワイン、水、固形ブイヨン、ローリエ、ブーケガルニを加えて中火で煮詰める。途中灰汁が浮いてきたら取り除く。

      工程写真
    • 4

      煮汁がほとんどなくなったら(ヘラですくった時に底の鍋肌が見えるくらい)、塩、胡椒で味を整える。

      工程写真
    • 5

      パスタをパッケージの表示時間より1分短い時間で茹でる。茹で上がったら水を切り、5のソースの鍋に加えて絡めるようによく混ぜる。

      工程写真
    • 6

      お皿に盛り、お好みで削ったパルミジャーノや粉チーズをかけ、パセリと粗挽き黒胡椒を散らす。

    レシピID

    452765

    「スパゲッティ」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    「スパゲッティ」に関するレシピ

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    ユイ
    Artist

    ユイ

    \簡単、ひと工夫で"とっておきごはん🍳"/ 日々の食卓や、おもてなしの楽しい時間を彩る 美味しいレシピ。 簡単だけど、ひと手間ひと工夫で家族が喜ぶ お店みたいな美味しいごはんをお届けします◎ "美味しいもの好き"が高じて、 「レストランで食べる美味しいごはんを おうちでも食べたい!」 と、お店の味の再現レシピを日々研究中。 普段ごはんにも、おもてなしにも、 食卓を彩るレシピを楽しんでもらえたら 嬉しいです! 〔 Plofile 〕 1992年生まれ。 広告代理店やIT企業での勤務を経て、 自分のデリカテッセンを開く目標を 実現すべく料理の道へ。 都内イタリアンでの料理修行、 並行してSNSでのレシピ発信などの 活動をしています。

    「料理家」という働き方 Artist History