カリッとふわふわ♪ポイント満載!失敗しない「鮭のムニエル」

20

2019.05.03

分類主菜

調理時間: 20分

ID 375306

MARI(奥山 まり)

基本を大事に♪【ちょっぴり手抜きと愛情たっぷりごはん♪】

洋食屋さんの定番ムニエルは、魚料理の中でも人気者。コツを掴めばプロ級の仕上がりになるラクうまなのも作る側としては嬉しいですよね。オリーブオイルを忍ばせることで、工程の途中で焦げ付くこともなく程よい濃厚な仕上がりになります。今回は、生鮭を使用していますが、お好みの旬の切り身でも同じようにできますよ。仕上げの醤油をぽん酢や、レモン果汁に置き換えたりアレンジも無限。なんとなく魚離れを感じた時に、ぜひお試しください♪

    材料2人分
    生鮭 2切れ(あれば皮面の大きいもの)
    少々
    薄力粉 適量
    A
    オリーブオイル 大さじ1
    A
    有塩バター 20g
    B
    【ソース用】有塩バター 15g
    B
    【ソース用】ホワイトペッパー 少々
    【ソース用】醤油 小さじ1/2
    作り方
    Point!
    ※魚から出てきた水分はしっかり拭き取ります。
    ※粉をつけるのは調理の直前にします。
    1. 生鮭に塩を軽く振り10分置きます。皮面は身の部分より気持ち多めに振ります。
    2. 出てきた水分をキッチンペーパーで、やさしく押さえるように拭き取ります。

      ※水分を取ることで、次の工程でムラなくまぶす事ができます。
    3. 薄力粉を全体にまんべんなくまぶします。
    4. 刷毛でやさしくなでるようなイメージで余計な粉を落とします。

      ※粉をつけた後は、放置せずすぐに焼き上げます。下ごしらえ後、時間を置いてしまう場合は、粉をつけないで冷蔵保存してください。
    5. フライパンを中火に熱し、A

      オリーブオイル 大さじ1、有塩バター 20g

      を溶かします。バターがほんのり黄色く色づいたら焼き始めのサインです。

      ※バターの色合いは、次の工程写真を参照してください。
    6. 皮面が下になるように(4)を入れて、触らずに中火で2〜3分、途中フライパンを揺するようにして皮面から1/3程度、身が白っぽくなり、皮面にこんがり焼き色がついたら裏返します。
    7. バター液をスプーンですくい皮面にかけながら、1分半〜2分焼いて器に盛ります。

      ※鮭の厚さや大きさによって多少時間が異なります。焼きすぎるとパサパサの食感になるので、余熱で火が通っていくことをイメージして取り出し、器に盛ります。
    8. フライパンに残ったバターオイルにB

      【ソース用】有塩バター 15g、【ソース用】ホワイトペッパー 少々

      を足してバターが溶けたら火を止め、【ソース用】醤油を入れ揺するようにして合わせます。

      ※火をつけた状態で醤油を入れるとハネやすいので、必ず火を止めてから余熱で仕上げるようにします。
    9. 器に盛ったムニエルにソースを回しかけてできあがりです。
    12 711
    コメント・感想 Comment
    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    アプリでお気に入りを保存しよう!

    アプリなら、もっと便利にお気に入りレシピを管理できます!

    Nadia公式アプリをダウンロード

    このレシピをサイトに埋め込む

    「ムニエル 」に関するレシピ

    関連コラム article

    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額250円(税抜)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。