レシピサイトNadia

    【ご飯が進む!】鶏肉の山椒味噌焼き

    主菜

    【ご飯が進む!】鶏肉の山椒味噌焼き

    お気に入り

    174

    • 投稿日2019/05/15

    • 更新日2019/05/15

    • 調理時間20

    清涼感のある日本のハーブ「山椒」をたっぷり使った贅沢味噌をまとわせて!ジューシーな鶏肉とピリッと爽やかなアクセントがある味噌でご飯が止まりません!お酒のおつまみにもオススメですよ!

    材料1人分

    • 鶏もも肉
      1枚(280g)
    • ふたつまみ
    • 山椒の葉
      8枝分
    • A
      味噌
      大さじ1
    • A
      みりん
      小さじ1
    • A
      砂糖
      小さじ½
    • オリーブオイル
      小さじ1

    作り方

    ポイント

    ▶山椒の葉が手に入らなければ代わりに「粉山椒」を小さじ¼使用して下さい。 ▶鶏肉の厚みによって加熱時間が変わります。必ず中まで火が通っていることを確認して下さい。

    • 【材料を切る・下味を付ける】 山椒の葉を枝から外し、みじん切りにする。 鶏もも肉の両面に塩(ふたつまみ)を振る。

      工程写真
    • 1

      【山椒味噌を作る】 みじん切りにした山椒とA 味噌大さじ1、みりん小さじ1、砂糖小さじ½をよく混ぜ合わせる。

      工程写真
    • 2

      【焼く】 フライパンをあたためてオリーブオイルをひき、中火で鶏肉の皮目から焼く。焼き色が付いたらひっくり返して山椒味噌を焼いた皮目に塗り、蓋をして弱火で5分蒸し焼きにする。

      工程写真
    レシピID

    375725

    「鶏もも肉」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    三浦ユーク
    Artist

    三浦ユーク

    料理研究家、キッチン男子部・部長、元寿司職人(アメリカ) テレビ番組フードコーディネート、料理動画監修、企業レシピ考案、レストランメニュー開発、コラム執筆、料理教室、食イベントへの出演等。 得意ジャンルは、ちょっと気の利いたお酒のおつまみや居酒屋メニュー。 料理を作る時のモットーは「調和とアクセント」。全体のバランスを考えつつも、香り・食感・味覚を刺激するアクセントを加えることを意識しています。 「世の中にもっと料理をする人が増えれば、大切な人とのコミュニケーションが増えるし、美味しいものを一緒に楽しむ時間を共有でき、世界は今以上に幸せになるんじゃないか?」という想いから、料理人口を増やすべく啓蒙活動として、おもてなし料理クリエイター集団「キッチン男子部」を設立、主宰。 料理は表現であり、感動と幸せを提供できる「エンターテインメント」だという想いで活動しています。作っていただいたレシピが「家庭の味」になり、代々受け継がれる様な愛されるレシピ作りを目指しています。

    「料理家」という働き方 Artist History