レシピサイトNadia
    • 公開日2015/05/14
    • 更新日2015/05/14

    豚肉の人気レシピ|週末料理男子が豚肉の鉄板レシピを紹介

    週末料理パパが豚肉好きの男子にお届けする豚肉の人気レシピ!豚肉の部位にごとに男の子が喜びそうな人気のレシピを厳選してお届けします!

    このコラムをお気に入りに保存

    8

    気になるコラムを保存して、後で読み返そう!

    豚肉の人気レシピ|週末料理男子が豚肉の鉄板レシピを紹介

    豚肉好き男子が贈る部位別豚肉鉄板レシピ特集!

    はじめまして。幼稚園と小学生の子供のいる二児のパパです。最近料理に楽しみを感じるようになり、週末は家族にごはんを食べてもらうことで日頃のストレスを解消してます。笑 まだまだレパートリーも少なく、いろんな料理で家族を喜ばせたいと思っている今日この頃です。牛肉よりも豚肉を喜ぶ妻と子供たち。部位によって人気のレシピを抑えておけば家族はもっと私の料理を好きになってもらえるかなと思い、自分の料理メモも兼ねて、手軽にできるでも変化のありそうな豚肉の人気レシピをご紹介させていただきます!

    豚肉の部位って何があってどんな特徴があるの?

    豚肉が好きといっても、もっぱら「こま切れ肉や切り落とし肉」、「豚ひき肉」を使った料理ばかり作ってます。手軽だし、切る手間も下準備もあまりないですからね。それなので出てくる料理は炒め物か豚団子くらいです。変わり映えしないのも納得ですよね・・・。ただどうしてもブロック肉や少し割高な薄切り肉などには手が出せないんですよね。
    手軽などと言いつつ、実のところは失敗したくない。というところが本音なのです。ここだけの話。。。
    先日子どもに給食でおいしかったものを聞いてみました。「酢豚」が真っ先に出てきました。正直驚きましたね~。「酢豚」という料理をすっかり忘れていたので。
    いや、、、忘れていた?忘れていたふりをしていた。が正解ですかね。笑
    そんな弱々しい自分を打破するために!まずはスーパーでよく見かける豚肉の部位の特徴について調べてみました。
    部位の特徴がわかると、いろんな料理が作りたくなりましたよっ!

    豚肉人気部位の紹介その①『バラ』

    【バラ】(バラを嫌いな男性はいないだろう。笑)
    肋骨の回りの肉で豚肉の代表部位ともいえますね。うまみとコクがあり、脂肪と赤身が層になっているから「三枚肉」という名でも知られてます。かたまりは角煮やシチューに、薄切り肉は炒め物や煮物、鍋にも使われることが多いですね。

     

    豚肉人気部位の紹介その②『ロース』

    【ロース】(焼肉でカルビ派、ロース派に分かれません?笑)
    背中の部分で外側は脂肪層があり、赤身はきめ細かくやわらかいのが特徴です。豚肉の中では最上級の部位とも言われてます。適度な脂肪が味の決め手になるので、取りすぎないようにするのもテクニックですね。
    シンプルなロースト、しゃぶしゃぶ、とんかつなどに使われることが多いですね。

     

    豚肉人気部位の紹介その③『もも』

     

    【もも】(女性好みの傾向があるようです。笑)
    足の上部で脂肪が少ない赤身が中心の部位。ややかためですが、味わいがあります。かたまりは焼き豚や酢豚に使われることが多く、薄切り肉は炒め物に使われることが多いですね。ももの中でも「そともも」と呼ばれるのは、尻に近い部位。よく運動するため、きめが粗くてかたく、色も濃いのが特徴です。カレーなどの煮込み料理にも向いてます。
    早くも「酢豚」が出てきましたね。笑

    豚肉人気部位の紹介その④『ヒレ』

     

    【ヒレ】(ヒレカツが揚がりました~。笑)
    ロースの内側の部位で、きめ細かくやわらかいのが特徴です。脂肪はないので加熱しすぎるとパサついてしまいます。調理にはコツが必要ですね。コクも少ないので油を使った調理が合います。ヒレカツ・・・間違いないですね。笑

    豚肉人気部位の紹介その⑤『かた』

     

    【かた】(肩と肩ロースってちがうの?と、思いません?笑)
    「かた」は前足上の部分で肉質はややかたく、スジが多いのでカレーなどの煮込み料理に使われることが多いです。脂肪が少なく、赤身が多いのでうまみもあります。「肩ロース」は「かた」と「ロース」の間だから「肩ロース」笑。「かた」「肩ロース」「ロース」「もも」そんな順で並んでるのをイメージすると覚えやすくなりそうですね。脂肪がほどよく入り、ややかためではありますが、「かた」よりもやわらかく、うまみがあります。薄切り、厚切り、かたまりと切り方もさまざま。煮る、蒸すなど調理法も広がります。「肩ロース」は塊以外でもよく見かけますね。

    豚肉の「(部位名)」を使ったオススメの人気レシピをご紹介!

    豚肉は部位によって味も食感も加熱時間も違うため、「部位ならでは」の料理が生まれるのですね。
    脂っぽいから、、、という妻が敬遠する「バラ」、とんかつしか頭に浮かばない「ロース」、加熱すると固くなるイメージ「もも」、ヘルシーで妻は喜ぶけど私的には選んでない「ヒレ」。そして煮込むしか浮かばない「かた」。部位の特長をいかした王道レシピを知ると、もっともっと料理が楽しくなりそうですね~。
    さっそいくつか人気のレシピを見つけましたよ!

    ロースの豚肉人気レシピ

    【手作りロースハム】

    無添加の手作りロースハムができるとは!!このビジュアルにもやられてしまいました。思うよりすごく簡単で加熱時間もわずかなのがうれしいですね。
    手作りしたロースハムをサンドウィッチでいただくのは、また格別でしょうね~!

     

    ももの豚肉人気レシピ

    【本格!黒酢の酢豚】

    調味料にもこだわりがあるようですが、レシピに忠実に作ると間違いないおいしさにつながりますよね。
    黒酢と米粉はほかの料理でも使えそうですし!豚肉の部位も「もも」以外もOKなところに作りやすさのポイントがアップしますね。

     

    ヒレの豚肉人気レシピ

    【バジル香るカツレツ】

    ちょっぴりおしゃれなヒレカツですが、チーズだけよりもあっさりといただけてフレッシュのバジルでさわやかさもアップされるんでしょうね。
    料理上手の人に思われそうです。笑

     

    かたの豚肉人気レシピ

    【エスニック豚ロースグリル】

    豚肉に下味をつけてオーブンで焼いて出来上がるという。これなら失敗せずにできると、迷いなしの即決レシピでした。
    肉だけでなく、焼き汁までいただかないと損だなと思いましたよ・・・。

     

    結論!豚の人気部位はどの部位でも全部旨い!

     

    豚肉といっても部位によって料理があるというのは、知っておくべきですね。より一層おいしくいただけるし、特徴がわかると買い物のときに少し気を付けたりするようになります。おかげさまで「酢豚」もすぐ作れそうですし。笑 まずは手づくりのおいしさを家族に知ってもらうことからスタートですよね。
    みなさんはお好きな部位がわかりましたでしょうか~?

    キーワード

    このコラムをお気に入りに保存

    8

    気になるコラムを保存して、後で読み返そう!

    SNSでシェアしよう

    Nadia編集部おすすめコラム

    関連コラム

    「豚肉」の基礎

    このコラムを書いたArtist

    Nadia編集部
    • Artist

    Nadia編集部

    Nadia編集部では、食や料理、暮らしにまつわるコラムを毎日お届け!  時短簡単レシピからおすすめ献立、最新の食トレンドまで、幅広いテーマでみなさまに役立つ情報をご紹介していきます。

    プロフィールへ
    にゃでぃあのおすすめ!
    「料理家」という働き方 Artist History