レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

うま味たっぷり♡簡単きのこキッシュ

副菜

うま味たっぷり♡簡単きのこキッシュ
  • 投稿日2020/11/14

  • 調理時間25

パイ生地の中に、具と卵液を入れて焼いたキッシュレシピです。 中に入れる具は、お好みのもので構いませんが、今回はきのことベーコンを使用しました。 洋食のサイドディッシュにもなりますし、小さいサイズの型で作ったりカットすると、お弁当にもぴったりですよ。 大きい型で深く作ると、火が通るのに時間がかかりますが、小さいサイズで浅めに作れば、比較的時間もさほど変わらず。 パイ生地だけ先に空焼きせずに、全部を一緒に作る簡単な工程ですが、おうちで食べる分には十分! ワインのお供や、パーティーのサイドディッシュにぜひ作ってみてください。

材料直径135mmの丸型4つ

  • きのこ類
    300g
  • 薄切りベーコン
    3枚
  • オリーブ油
    小さじ2
  • 塩、こしょう
    各少々
  • 4個
  • A
    マヨネーズ
    大さじ2
  • A
    牛乳
    大さじ2
  • A
    うま味調味料「味の素®︎」
    4ふり
  • 粉チーズ
    適量
  • 冷凍パイシート
    4枚(100mm×100mm)

作り方

ポイント

☑️ 使用している135mmの丸型 100円ショップに売っている 「パーベキュー用のアルミボウル」になり、型の高さは35mmです。 キッシュ以外に、ミニケーキやパンの型がわりにも使用可能です。   ☑️ オーブンの焼成時間 型の大きさや深さによって変わってく流ので、焼き色を見ながら調整してください。 中まで火が通っているかどうかは、竹串をさして 生の卵液がついてこなければOKです。 ☑️ 具の準備 水分を多く含む食材の場合は、前もって炒めるなどして、あらかじめ水分を飛ばしている方が、仕上がりがきれいになります。 (そのまま卵液に入れて焼くと、縮んで隙間が出たり、水分が出て具材の周りだけ水っぽくなったりします) ☑️ 味の素®︎ を入れる効果 味の素®︎を卵液に入れることによって、卵液のコクやうま味がUPし、薄味でも満足のいく仕上がりになります。 今回は、ベーコンや粉チーズ、マヨネーズにも塩分が入っていますし、きのこ類を炒める時にも塩を少々加えているので、卵液の味付けはシンプルにしております。 ☑️ よりサクサクに仕上げる方法 パイ生地だけ アルミホイル+タルトストーンを乗せて 先に空焼きした後に、冷ましておいた具と卵液を注いで焼くと よりサクサク食感が楽しめます。 お好みで調整してください。

  • 冷凍パイシートは室温において解凍します。 オーブンは、190℃に予熱します。

  • 1

    きのこ類は小房にわけたり食べやすい大きさに切ります。 薄切りベーコンは1cm幅に切ってください。 フライパンにオリーブ油を入れて炒め、塩、こしょうで調味します。

    工程写真
  • 2

    冷凍パイシートは型よりも少し大きくなるようにめん棒で伸ばし、型に敷きます。

    工程写真
  • 3

    ①の具を型にいれます。

    工程写真
  • 4

    卵にA マヨネーズ大さじ2、牛乳大さじ2、うま味調味料「味の素®︎」4ふりを入れて、しっかり混ぜます。 型に卵液を注ぎ、粉チーズを振ります。

    工程写真
  • 5

    天板に乗せてオーブンに入れ、190℃8分焼いた後に、温度を140℃に下げて5分焼きます。

    工程写真
レシピID

401433

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

キッシュ」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

小春(ぽかぽかびより)
Artist

小春(ぽかぽかびより)

料理ブロガー・フードコーディネーター 夫・大学生長男・高校生長女の4人家族。 2005年から書き続けている料理ブログ 【ぽかぽかびより】はほぼ毎日更新。 ▶︎野菜多め、副菜レシピが得意 ▶︎レシピ付き弁当記録が大人気 ▶︎素材の色・食材の持ち味をいかした、関西らしい味付け 企業・食品メーカーへのレシピ開発 雑誌・リーフレットへのレシピ提供 産地取材・料理教室など幅広く活動中。

「料理家」という働き方 Artist History