素材が引き立つゴーヤのツナコーンマヨ詰め

10

2019.09.05

分類主菜

調理時間: 10分(漬け込む時間は省く)

ID 378743

バリ猫ゆっきー(吉田由季子)

楽しいキッチン・レシピ

普段、ゴーヤ料理を作る時は苦味やえぐみをとるために塩をよく使いますが、今回はゴーヤをうま味調味料「味の素®」を加えた「うま味水」に漬け込んでみました。
程よく苦味がやわらぎ、子供でもおいしく食べられるようになります。
肉詰めではなくツナとコーンをマヨネーズで和えたものを詰め込みました。
時短だけでなく、ソースなしでいただける優しい味わいのゴーヤ料理です。

材料

2人分
ゴーヤ 1/2本
適量
うま味調味料「味の素®」 8振り
ツナ 1缶(70g)
コーン缶(塩分無添加タイプ) 30g
A
かつお節 2.5g
A
マヨネーズ 大さじ2
A
うま味調味料「味の素®」 2振り
A
黒胡椒 少々
ごま油 大さじ1
かつお節(仕上げ用) 適量

作り方

ポイント

○ゴーヤを、味の素®を加えた「うま味水」に漬け込んで苦味をやわらげます。
味の素®を加えるだけで簡単に野菜の苦味やえぐ味がやわらぎ、食べやすくなります。
○マヨネーズだけでは若干酸味を感じることがありますが、ここにも味の素®をプラスすることで酸味がやわらぎ、かつお節のうま味とコーンの甘味でおいしさが増します。
○味の素®の主成分はグルタミン酸、ツナとかつお節にはイノシン酸が含まれています。うま味の相乗効果でよりおいしくいただけます。
  1. ゴーヤは1.5cm厚さの輪切りにし、スプーンで種とワタを取り、ボウルに入れ、ゴーヤがかぶるくらいの水にうま味調味料「味の素®」を振り入れた「うま味水」に10分くらい漬ける。
  2. ツナは油をきり、コーン缶(塩分無添加タイプ)と合わせ、A

    かつお節 2.5g、マヨネーズ 大さじ2、うま味調味料「味の素®」 2振り、黒胡椒 少々

    を加えて混ぜ合わせる。
  3. ゴーヤの水気をキッチンペーパーでふき取り、ごま油を敷いたフライパンに並べ、ゴーヤの中に1を詰める。中火にかけ、両面焼き色がつくまで焼く。
  4. ふたをして弱火にし、2~3分蒸し焼きにする。
    器に盛り、仕上げにかつお節(仕上げ用)をふる。
4 22

コメント・感想 Comment

このレシピの感想を伝える

ログインして感想を伝えよう!

つくメモ

<つくメモって?>
あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

※つくメモは順次アプリのみのサービスに移行します。詳しくはこちら。

お気に入り度

レシピの関連キーワード Keywords

野菜のおかず フライパン ツナ コーン ゴーヤ フライパン マヨネーズ とうもろこし ブラックペッパー ビールに合うおつまみ 味の素® うま味調味料 子供 料理 時短 ごま油 かつお節 簡単 簡単レシピ 蒸し焼き 野菜

このレシピをサイトに埋め込む

関連コラム article

まずは3ヶ月無料でお試し!

※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額450円(税込)が発生します。
※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。

プレミアムサービスとは