白身魚のグリル 緑茶と味噌のチーズソース仕立て

20

2016.05.20

分類主菜

調理時間: 20分(塩をあてる時間を除く)

ID 138343

高橋 善郎

NO COOKING NO LIFE.

緑茶とチーズ・・・?
一見奇抜に思われる組み合わせですが、和食で使用することは多く、相性は非常に良いです。
ソースは作っておけば、魚や肉やパスタにだってアレンジが効きますので、少し多めに作って新しい食のマリアージュを楽しんでみてはいかがでしょうか?
6月の新茶を使って、是非。

    材料

    2人分(※ソースは作りやすい分量)
    パルミジャーノ・レッジャーノ 10g(くだいた状態)
    メカジキ 2切
    付け添えの野菜 適量
    すだち 1個
    A
    白みそ 大さじ3
    A
    マヨネーズ 大さじ1
    A
    みりん 大さじ2と1/2
    A
    緑茶(粉末) 小さじ1/2

    作り方

    ポイント

    《POINT》
    ・パルミジャーノ・レッジャーノは旨味となるアミノ酸の結晶でできており、包丁で切ると結晶が崩れてしまうため、可能な限りアーモンドかグレーター(チーズ専用のおろし器)をご使用ください。
    ・白身魚(さわらやたら)などでも代用いただけます。お肉との相性も良く、鶏むね肉など淡白なものとさらに相性が良いです。
    ・お好みでけずったチーズの残りとお茶の葉を煎ったものをちらすと香りが高まります。
    1. ・メカジキの両面に塩をふり、常温で30分置く。
      ・みりんを手鍋に入れ、中火で30〜40秒煮切る。(アルコール分をとばす。)
      ・付け添えの野菜があれば適宜切る。(今回はにんじん、長芋、みょうがを使用。)
      ・オーブンは250度に温めておく。
    2. ソースを作る。
      グレーター(もしくはアーモンドナイフ)でパルミジャーノ・レッジャーノを粗めにおろす。ボールにA

      白みそ 大さじ3、マヨネーズ 大さじ1、みりん 大さじ2と1/2、緑茶(粉末) 小さじ1/2

      を入れ、混ぜ合わせたら、チーズを加え、和える。
    3. メカジキの水分をキッチンペーパーで優しくふきとり、半分に切る。
      天板の上にキッチンペーパーをしき、メカジキをのせる。
    4. オーブンで約4分焼き、一度取り出す。(付け添えの野菜を焼く場合一緒に焼き、火が通ったら適宜取り出す。)
      メカジキの両端が残るようにソースをかけ、約3分、ソースに焼き色が付くまで焼く。お好みの野菜とともに器に盛り付け、半分にカットしたすだちをしぼる。
    6 49

    コメント・感想 Comment

    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    アプリでお気に入りを保存しよう!

    アプリなら、もっと便利にお気に入りレシピを管理できます!

    Nadia公式アプリをダウンロード

    このレシピをサイトに埋め込む

    「焼き魚 」に関するレシピmore

    関連コラム article

    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額450円(税込)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。