レシピサイトNadia

    お店の味♡冷えても固まらない!『秘伝の大学蜜』

    調味料

    お店の味♡冷えても固まらない!『秘伝の大学蜜』

    お気に入り

    585

    • 投稿日2019/02/06

    • 調理時間5

    この蜜さえあれば、いつでもお店の大学芋♪ アレを加えるだけで、冷めてもとろみがキープされてお芋によく絡むんです♪ これさえあれば、カッチカチの大学芋とももうおさらばです!

    材料太いさつまいもを使って、大学芋3~4回分です!

    • A
      100cc
    • A
      小さじ1/2杯
    • A
      みりん
      大さじ1杯
    • A
      三温糖(なければ上白糖)
      100g
    • 熱湯
      20cc
    • B
      水あめ
      100g
    • B
      しょうゆ
      小さじ1杯
    • B
      ひとつまみ

    作り方

    ポイント

    しょうゆはあくまで風味づけなので少量です。お好みですが、控えめにした方がさつまいもの甘さが引き立ちます。

    • 1

      【材料を火にかけて煮詰めます】 鍋に水から順番にA 水100cc、酢小さじ1/2杯、みりん大さじ1杯、三温糖(なければ上白糖)100gの材料を入れて弱火にかけ、5分ほど煮詰めます。途中でかき混ぜると砂糖が結晶化してしまうので、鍋をゆする程度にしましょう。

      工程写真
    • 2

      蜜の色がやや濃くなり、泡が大きくなってきたら煮詰め終わりの目安です。

      工程写真
    • 3

      5分ほどに詰めて軽くとろみが付いたら、火からおろして熱湯を加えます。B 水あめ100g、しょうゆ小さじ1杯、塩ひとつまみの調味料を加えて再び火にかけ、ひと煮立ちさせます。 水あめが溶けたら、鍋を火からおろします。

      工程写真
    • 4

      ひと煮立ちしたらできあがりです!

      工程写真
    • 5

      【大学芋の作り方】 厚めに皮を剥いて面取りしたさつまいもを、30分ほど水につけてあく抜きします。 160度の低温でじっくりと揚げ、竹串がスッと刺さるくらいになったら、油をよく切って熱いうちに蜜に絡めましょう。

      工程写真
    • 6

      煮沸消毒した保存瓶に入れ、冷蔵庫で1ヶ月ほど保存できます。

      工程写真
    • 7

      焼きたてのトーストにたっぷりの蜜とバターをのせ、仕上げに黒ごまを散らして「大学トースト」にアレンジしてみました。 バターの塩分と蜜の甘さのコンビが悪魔的なおいしさです。おやつや夜食にもおすすめ♪

      工程写真
    レシピID

    371993

    コメント

    送信

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    むっちん(横田睦美)
    Artist

    むっちん(横田睦美)

    製菓学校を卒業後、都内のパティスリーに就職。その後、業務用製菓・調理道具店に勤める傍ら料理家のアシスタントを経験。 プロの料理人やパティシエとのやり取りをするうちに、より料理への知識を深める。 食品会社での営業・パティスリー向けのレシピ開発を担当。 𓇼 永遠の東南アジアトラベラー。アジア料理は作るのも食べるのも大好き。手作りの調味料が得意です。 𓇼 「お菓子作りは"理論"と"感覚"」とはいえむずかしく考えず、誰が食べても「シンプルにおいしい!」そんな料理やお菓子を提案しています。 𓇼 2021年5月初の著書となる『極上だれでパパッとごはん』を発売。

    「料理家」という働き方 Artist History