レシピサイトNadia

    驚くほどやわらか♡ランチの主役『いかのフリットサンド』

    主食

    驚くほどやわらか♡ランチの主役『いかのフリットサンド』

    お気に入り

    56

    • 投稿日2019/03/12

    • 調理時間5(冷蔵庫で休ませる時間は除きます。)

    「わんぱくサンド」や「断面萌え」はすでに定番ですが、あえてシンプルなサンドイッチを作ってみました。 いかのフリット(ホットケーキミックス使用でふわっふわなんです)をサンドした、ボリューム満点なサンド。 あえて6枚切りを使うことで、パンも具材もふわっふわな癒し系サンドイッチに仕上げました。 野菜も魚(いか)もはいっているので、これだけでランチが完結します。スープが付けば完璧です♪

    材料2人分

    • いかのフリットケチャップソース
      10個前後(ID373350です。)
    • 食パン
      4枚(今回は6枚切りを使用)
    • A
      マヨネーズ
      大さじ2
    • A
      フレンチマスタード
      少々(お好みで加減してください)
    • スライスチーズ
      2枚
    • 水菜
      適量

    作り方

    ポイント

    ■カットする向きを計算してフリットを置いてくださいね。 ■夕飯にフリットを作って、余ったものでサンドイッチにすれば翌日のお弁当にもぴったりです。ひと晩冷蔵すれば、完璧にきれいにカットできます。 ■このままホットサンドにしてもチーズが溶けておいしいんです。 ■パンはあえて6枚切りを使い、フリットとのバランスを取っていますが、お好みの厚さを使ってくださいね。もちろん、水菜の代わりにキャベツや玉ねぎなどお好みの野菜をプラスして楽しんでください。

    • https://oceans-nadia.com/user/146865/recipe/373350 でいかのフリットを作っておきます。もちろん、残ったものを使用してもOKですよ♪

      工程写真
    • 1

      食パンの片面に、A マヨネーズ大さじ2、フレンチマスタード少々を混ぜたものを薄く塗り広げます。 今回はマヨネーズを使いましたが、マーガリンやバターで代用していただいても構いません。油分を塗ることでパンがしんなりするのを防げ、さらに風味よくおいしさがアップします♪

      工程写真
    • 2

      ①に水菜をのせ、カット面をイメージしながらいかのフリットケチャップソースを並べていきます。 もう一枚にはスライスチーズを置きます。 わんぱくサンドも魅力的ですが、今回は食べやすさ重視で適度な厚さにしています。お好みで野菜の量や種類をアレンジしてくださいね。

      工程写真
    • 3

      具材を挟むように2枚重ね、ラップでぴっちりと包みます。 時間があれば冷蔵庫で15分以上休ませてください。馴染んでカット面が美しくなります。

      工程写真
    • 4

      カット面はこんな感じです。 よく切れる包丁で、ラップに包んだままカットするときれいに切れます。いくつも作るときは、その都度包丁をきれいに拭くと、より美しく♪

      工程写真
    • 5

      いかのフリットのレシピはこちらです♪ https://oceans-nadia.com/user/146865/recipe/373350

      工程写真
    レシピID

    373459

    「水菜」の基礎

    「いか」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    サンドイッチ」に関するレシピ

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    むっちん(横田睦美)
    Artist

    むっちん(横田睦美)

    製菓学校を卒業後、都内のパティスリーに就職。その後、業務用製菓・調理道具店に勤める傍ら料理家のアシスタントを経験。 プロの料理人やパティシエとのやり取りをするうちに、より料理への知識を深める。 食品会社での営業・パティスリー向けのレシピ開発を担当。 𓇼 永遠の東南アジアトラベラー。アジア料理は作るのも食べるのも大好き。手作りの調味料が得意です。 𓇼 「お菓子作りは"理論"と"感覚"」とはいえむずかしく考えず、誰が食べても「シンプルにおいしい!」そんな料理やお菓子を提案しています。 𓇼 2021年5月初の著書となる『極上だれでパパッとごはん』を発売。

    「料理家」という働き方 Artist History