レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

混ぜるだけ簡単!とろ~りパンナコッタ&マチェドニア

デザート

混ぜるだけ簡単!とろ~りパンナコッタ&マチェドニア
  • 投稿日2020/10/19

  • 調理時間10(冷蔵庫で冷やす時間を除く)

混ぜるだけ簡単!レンジ使用で火を使わない華やかスイーツ とろ~り口溶けの良いパンナコッタに 爽やかなマチェドニア(イタリアのフルーツポンチ)の イタリアンなデザート♪ パンナコッタのゼラチンの配合が絶妙な柔らかさに♪ パンナコッタは加熱で使ったマグカップでそのまま材料を混ぜるだけ! マチェドニアもシロップをレンジで加熱し粗熱が取れたら カットしたフルーツにかけて混ぜるだけです♪

材料2人分200mlのグラス2つ分

  • 牛乳
    150ml
  • グラニュ糖
    大さじ2と1/2
  • 粉ゼラチン
    3g
  • 生クリーム
    100ml
  • カットフルーツ
    1パック(約200g)
  • A
    白ワイン
    大さじ2
  • A
    グラニュ糖
    大さじ2
  • A
    大さじ2
  • ミント
    適量(お好みで)

作り方

ポイント

●【工程1】各ご家庭でレンジの加熱具合が異なりますので、沸騰してしまったら 80度ぐらいに温度が下がってから次の工程のゼラチンを加えて下さい。 ゼラチンは沸騰した液体に入れると冷やしても固まらなくなります。 ●【工程2】ゼラチンが完全に溶けきるまでよく混ぜて下さい。 今回は直接加えるタイプの粉ゼラチンを使いましたが、 ゼラチンにより水でふやかして使うタイプもありますので使い方をご覧になり 表示されている方法で加えて下さい。 ●アルコールが気になる方は、白ワイン大さじ2をレモンの絞り汁大さじ1に変えてください。

  • 【カットフルーツ】カット例 ●オレンジ、メロン、グレープフルーツ、 パイナップルは1.5cm角に切りそろえる。 ●ぶどうは横半分に切る。 ●キウイは扇型に切る。 切ったフルーツは耐熱容器に入れておく。 ※季節により入っているフルーツが異なるので、 それぞれ食べやすい大きさに切って下さい。

    工程写真
  • 1

    【パンナコッタを作る】 牛乳とグラニュ糖大さじ2と1/2を 大きめのマグカップ(容量約400ml)もしくは耐熱容器に入れ、 電子レンジ(500W)で1分30秒加熱して70~80度に温める。 ※沸騰させないようにして下さい。

    工程写真
  • 2

    粉ゼラチンを加え(そのまま加えて溶けるタイプのゼラチン)よく混ぜ合わせる。 生クリームを加えよく混ぜ合わせて、 注ぎやすい容器に移し、グラスに半量ずつ注ぐ。 ラップをして冷蔵庫で6時間程度冷やす。

    工程写真
  • 3

    【マチェドニアを作る】 小皿にA 白ワイン大さじ2、グラニュ糖大さじ2、水大さじ2を入れ、電子レンジ(500W)で40~50秒加熱する。 ※熱くなるのでミトンなどをして取り出して下さい。 よくかき混ぜ、粗熱が取れたら、カットしたフルーツにかけて 全体になじませ、冷蔵庫で冷やす。

    工程写真
  • 4

    【盛り付け】 固まったパンナコッタの上にマチェドニアをのせて お好みでミントを飾る。

    工程写真
  • 5

    カットフルーツはスーパーなどで購入出来ます。

    工程写真
  • 6

    平たい容器で作って、食べる時にスプーンで すくって頂くのもいいですよ!(材料の分量は同じです) 器の外側の大きさ:約13×13cm 高さ4cm(容量約430ml)

    工程写真
レシピID

397951

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

mayumillion
Artist

mayumillion

プロフィールご覧頂きありがとうございます😊 何気ない食材でー工夫した手料理を作った時の 「美味しい!」の一言が嬉しくて🎶 そんな作る方も食べる方も笑顔にするような “心豊かになる 幸せレシピ”💕を お伝え出来ればと思います。 主婦の視点から、毎日の料理が楽しくなるよう 簡単に手に入る少ない材料や調味料でも 美味しく健康的に 元ネイリスト、アパレルデザイ-のセンスを活かして 華やかにおしゃれに見えるよう工夫したレシピ また、フランスに住んでいたことと 旅行が好きなので、 いろんな国の料理を作るのも好きです 日本人にも食べやすく、日本の材料でも 作れるようアレンジした海外の料理など いろんなお料理やスイーツのレシピを アップしていきたいと思います🎶 よろしくお願いします😊 Instagram→@mayumillion

「料理家」という働き方 Artist History