レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

白ワインで作る 鯛の昆布締め

主菜

白ワインで作る 鯛の昆布締め
  • 投稿日2021/06/29

  • 調理時間10(鯛を冷蔵庫で休ませる時間を除く。)

昆布を白ワインで拭くことで、スプマンテとも相性のいい昆布締めになります。 1~2時間ほど休ませた鯛の昆布締めは、程よく身がしまり昆布のうま味も加わって絶品です。 今回合わせたのは、イタリアの辛口のスプマンテ、プロセッコDOC Brut。 スプラウトをくるっと巻きながら食べるのがおすすめです。 簡単に作れるけれど特別感のある一品。 週末の乾杯!のお供にいかがですか?

材料作りやすい分量

  • 鯛(刺身用)
    1サク
  • 昆布
    2枚(平らで、20㎝程度の長さのあるもの)
  • 白ワイン
    適量
  • ブロッコリースプラウト
    20g
  • 少々
  • オリーブオイル
    小さじ2
  • レモン
    スライス1枚分

作り方

ポイント

昆布締めは1日ほど置くとねっとりした仕上がりになります。 それ以上置くと身が固くなり色も悪くなるので、すぐに食べないときは昆布から取り出して保存してくださいね。 #プロセッコDOC保護協会タイアップ

  • 1

    白ワインをキッチンペーパーにしみこませ、昆布を両面まんべんなく拭く。 鯛(刺身用)を薄切りにし、昆布の上に重ならないように並べる。もう一枚の昆布をかぶせたら、ラップでぴっちり巻く。

    工程写真
  • 2

    ラップに巻いた昆布締め鯛をバットに置き、もう一枚のバットで軽く重しをして冷蔵庫で1~2時間休ませる。

  • 3

    鯛を昆布から取り出す。ブロッコリースプラウト、スライスレモンと共に皿に盛り付け、塩、オリーブオイルをかける。

レシピID

415523

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

おつまみ」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

戸根みちこ
Artist

戸根みちこ

大田区久が原の家庭料理教室、MICHIKO's Cooking主宰。料理家。 神奈川県横浜市出身。 大学卒業後 IT企業勤務。 2児を育てながらの会社員時代に、短時間でバランスよくおいしい料理の研究に目覚める。 退職後、複数の料理教室及び独学での勉強を経て、2017年より、家庭料理教室MICHIKO's Cookingを主宰。 主婦の目線で、普段使いの材料で気負わずできる料理を中心にレッスンを行う。 圧力鍋やスパイス使いが得意。 現在は、雑誌向けのレシピ開発提供、企業向けレシピ開発、ワークショップ講師、コラム執筆など幅広く過活動している。

「料理家」という働き方 Artist History