極上トリッパ(ハチノスのトマト煮込み)

150

2021.01.18

分類主菜

調理時間: 2時間 30分

ID 405118

福原ゆり

楽うま!何でもない日のご馳走レシピ!

イタリア語で胃袋を指すトリッパ。
イタリア版モツ煮込みです。

牛の第二胃袋であるハチノス。しっかりと処理をしたホルモンは臭みもなく、とても美味しいです♪
香味野菜をみじん切りにして炒めたフレーバーベース(ミルポワ)で煮込むことで野菜の旨みたっぷり!
味付けは塩だけとは思えない、奥深い味になります。
たくさん作って残ったら、パスタソースにしたり、ご飯を加えてリゾットにしたり♪
ワインとの相性もバッチリです!!

    材料3人分
    ハチノス(下処理済み) 300g
    玉ねぎ 1個
    人参 1本
    セロリ 2本
    マッシュルーム 6個
    にんにく ひとかけ
    オリーブ油 大さじ1
    ローレル 1枚
    タイム(あれば) 少々
    ホールトマト缶 400g(大体1缶)
    小さじ1
    パセリ(あれば) 少々
    作り方
    Point!
    お肉屋さんなどで売られているハチノスは黒いものは未処理で、白いものが処理済みです。

    写真では、野性味の強い黄人参を使っていますが、通常のオレンジの人参で大丈夫です。
    お好みで粉チーズをかけていただいても美味しいです☆
    1. 食べやすい大きさに切ったハチノス(下処理済み)を鍋に入れ、セロリの葉とたっぷりの水を入れて火にかける。
    2. 沸騰してから10分程煮たら、ざるにあげ水で洗う。
      1、2の工程を2、3回繰り返して臭みを抜く。
      (セロリは同じ物を入れておいて良い)
    3. 玉ねぎ、人参、セロリ(残り)をみじん切りにする。
      (フードプロセッサーを使うと早い)
      マッシュルームは薄くスライスする。
    4. 厚手の鍋にオリーブ油、みじん切りにしたにんにくを入れて火にかける。
    5. にんにくの香りが出たら、3の野菜を全て入れ全体がしんなりして水気が出るまで炒める。
    6. ハチノス、塩を加える。
    7. ホールトマト缶(手で潰してから入れると馴染みやすい)、ローレル、タイム(あれば)を入れ蓋をして1時間半〜2時間弱めの中火で煮込む。

      途中水分が足りなくなったら水を足す。
      味を見て、塩味が足りなければ塩を足し味を整える。

      さらに盛り、パセリ(あれば)を振って完成!
    3 17
    コメント・感想 Comment
    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    アプリでお気に入りを保存しよう!

    アプリなら、もっと便利にお気に入りレシピを管理できます!

    Nadia公式アプリをダウンロード

    このレシピをサイトに埋め込む

    「トリッパ 」に関するレシピ

    関連コラム article

    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額250円(税抜)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。