レシピサイトNadia
    主食

    ドライフルーツとヨーグルトのサンド

    • 投稿日2015/12/15

    • 更新日2015/12/15

    • 調理時間5(冷蔵庫に入れておく時間(2時間~1晩は除きます)

    ドライフルーツをヨーグルトにつけておくだけで甘酸っぱくリッチなクリームの出来上がり♪カラフルなミックスタイプのドライフルーツを使えばパーティーにもぴったりです。

    材料4人分

    • ドライフルーツ(レーズン、クランベリー、マンゴー、イチジク等)
      75g
    • プレーンヨーグルト
      100g
    • サンドウィッチにする場合
    • サンドウィッチ用パン
      6枚
    • オープンサンドにする場合
    • バケットをスライスにしたもの
      8個

    作り方

    ポイント

    ドライフルーツはミックスタイプを使うと便利です☆ クランベリーやマンゴーなど酸味があるものが美味しいです!

    • 1

      ドライフルーツは切っていないものは粗く刻んでからヨーグルトにつけて2時間~1晩冷蔵庫に入れておきます。

    • 2

      サンドウィッチにする場合: 市販のサンドウィッチ用パン3枚に1を3等分して乗せて広げ、1枚ずつパンで挟み、軽く手で押さえてなじませます。対角線上に4等分して頂きます。

    • 3

      オープンサンドにする場合: バケットを10~15mm厚さにカットして軽くトーストし、1のクリームをのせます。

    レシピID

    133917

    質問

    作ってみた!

    こんな「サンドイッチ」のレシピもおすすめ!

    このレシピが入っているレシピまとめ

    関連キーワード

    玉田 悦子
    • Artist

    玉田 悦子

    料理家・食育講師

    • キッズ食育トレーナー

    *食育講師、フォトスタイリスト、3児の母 *食品メーカーにてマーケティングに携わった後、料理家として独立。子どもの頃から様々な食材に触れ合ってほしいという思いから子どもの食育を学ぶ。2016年より、子どものための食育スクール『青空キッチン市川』を開講。現在は月に延80名のお子様とレッスンしている。 子どもの発達と特性にあわせた指導で、調理方法のみならず、文化、栄養、考える力、算数の要素等にふれあい、子どもが楽しく学ぶことを重視している。 料理✖️知育に力を入れた「料理をしながら楽しく学親子クッキング講座(オンライン)」は小学校受験される方にも好評。 *子どもと作れるレシピ、忙しいご家庭でも作れる子どもが喜ぶ栄養バランスの取れたレシピ、料理の楽しさを伝えるレシピが得意 *レシピ開発のほか、子どもの野菜嫌いを克服するための食育セミナーや企業様料理教室、コラム執筆、写真撮影等幅広く活動中 *食品メーカー時代はコンセプト立案から試作、商談、生産ライン落とし込みまで、一通りを経験しているのが強み。メーカー様の立場に立ったご提案をいたします。 モットーは 食卓を囲む全員にとって、食事の時間がもっと楽しいものになりますように!!

    「料理家」という働き方 Artist History