爽やかな風味がたまらない! 冬の手仕事 きんかんジャム

25

2022.01.17

分類デザート

調理時間: 25分

ID 429357

がまざわ たかこ

ほっこり おいしい ふるさとごはん。

旬のきんかんで作るジャムは、爽やかな風味とほんのり感じるほろ苦さが絶妙です!
きんかんはオレンジと比べるとやさしい風味なので、ジャムにしてもとっても食べやすくとろける美味しさに仕上がります。
皮も固くないのであっという間に作れちゃうのも嬉しいポイント。
ピールをせん切りにしたタイプ、ブレンダーでなめらかにしたタイプそれぞれ味わいが変わるのでぜひ作ってみて下さいね。

    材料

    (作りやすい分量(WECK200ml容器 およそ2個分))
    きんかん 300g((きんかん16個くらい))
    砂糖 180g

    作り方

    ポイント

    皮ごと食べられるきんかんですが、一度茹でこぼすと皮の雑味が取れ、すっきりとした味わいのきんかんジャムに仕上がります。
    ひと手間ですがぜひ行って下さいね。
    1. きんかんは張り、ツヤのあるものがおすすめ。
      皮が傷んでないか確認し、しっかり洗っておきます。
    2. きんかんのへたを取り、たっぷり沸かした湯で1分ほど茹でます。

      ひと手間ですが、いきなり煮るよりも雑味がとれて美味しく仕上がります。
    3. ざるに上げて上から流水をざっと流します。
    4. きんかんを横半分に切り、楊枝で種を除きます。
    5. 皮をぎゅっと押して果肉を取り出します。

      果汁が出ても良いようにボウルの上で行うと良いです。
    6. 皮はせん切りに、果肉は粗みじん切りにします。
    7. 鍋にきんかんと砂糖を入れ、全体にまぶしてから弱火にかけます。
      (ボウルに残っている果汁があったら全て加えます)
    8. 煮詰めて濃度が付いてくるまで混ぜながら15分くらい煮ます。
      スパチュラで鍋底に線を書いてゆっくり流れてくるくらいの濃度が目安です。
      冷めると粘度が強くなるので少しゆるめで火を止めると良いですよ。
    9. 消毒した瓶に詰めます。

      長期保存する場合は20分ほど煮沸して脱気すると安心です。
    10. 今回は200mlの保存容器 約2個分の量で仕込みましたので、お好みで半分はハンドブレンダーにかけてなめらかなタイプにしてみてくださいね。
      香りも味わいも変わって2度楽しめますよ。
    8 102

    コメント・感想 Comment

    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    ※つくメモは順次アプリのみのサービスに移行します。詳しくはこちら。

    お気に入り度

    レシピの関連キーワード Keywords

    ジャム 両手鍋 片手鍋 ホーロー鍋 ジャム きんかん スイーツ フルーツ きんかんたまたま 保存 保存食 季節の手仕事 季節料理 手仕事 わざわざ手仕事連載 果物 爽やか 簡単 簡単レシピ

    このレシピをサイトに埋め込む

    「ジャム 」に関するレシピmore

    関連コラム article

    アプリで
    見る
    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額450円(税込)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。

    プレミアムサービスとは