レシピサイトNadia

    パリふわじゅわっと♡お揚げの鶏餃子風〜冷たいおだしで〜

    主菜

    パリふわじゅわっと♡お揚げの鶏餃子風〜冷たいおだしで〜

    お気に入り

    151

    • 投稿日2020/06/24

    • 更新日2020/06/24

    • 調理時間20

    表面パリッと中ふんわり。 お揚げにしみた冷たいおだしと、中から溢れる肉汁が口の中でじゅわっ♡ 小さなこのひとつに「おいしい」がギュッと詰まった、夏に食べたい!お揚げの鶏餃子風です。(寒い季節は熱いおだしもオススメです♡) BRUNO crassy+ オーバルホットプレートで作るので、置いた食卓が華やかでスタイリッシュ。 作り方も簡単で、クルクル綺麗にひっくり返せ、火加減の調整は一度でok! たこ焼きプレートの新定番になるかも⁉︎

    材料2人分

    • 油揚げ
      2枚(約10×17(㎝)のもの)
    • A
      80ml
    • A
      白だし
      40ml
    • 鶏ひき肉(モモ)
      300g
    • ふたつまみ
    • B
      たまご
      1個(Mサイズ)
    • B
      長ねぎ(みじん切り)
      30g(約8㎝)
    • B
      生姜(みじん切り)
      15g
    • B
      酒、マヨネーズ
      各 小さじ2
    • B
      醤油
      小さじ1/2
    • 薬味(小ねぎ、もみじおろし、スプラウト等)
      適量

    作り方

    ポイント

    ▼鶏ひき肉はジューシーに仕上がるのでモモ肉がおすすめですが、あっさり仕上げがお好みの方はムネ肉をお使いください。▼白だしはヒガシマル醤油「京風割烹白だし」を使用しています。メーカーにより塩加減が違うと思いますので、お好みに合わせ調整してください。

    • [油揚げの下処理] 油揚げは、麺棒や菜箸で引き伸ばすように数回転がす。(開きやすくなります。)沸騰したお湯で2分ほど茹で、油抜きをする。ザルに上げてお湯をきり、粗熱が取れたらぎゅっと絞って水気をきる。

      工程写真
    • 1

      A 水80ml、白だし40ml合わせ、冷蔵庫で冷やしておく。

      工程写真
    • 2

      ボウルに鶏ひき肉(モモ)を入れ、塩を振ってよく捏ね合わせる。 粘りが出てきたらB たまご1個、長ねぎ(みじん切り)30g、生姜(みじん切り)15g、酒、マヨネーズ各 小さじ2、醤油小さじ1/2を加えてよく混ぜ合わせ、ラップをして冷蔵庫で5分〜寝かせる。

      工程写真
    • 3

      油揚げは角からキッチンバサミを入れて開き、油揚げ1枚を2枚に分けたらたこ焼きプレートの穴の大きさに合わせて切る。 (開いて合計4枚になります。1枚につき6分割にして、たこ焼きプレートの穴24個分にしています。)

      工程写真
    • 4

      オーバルホットプレート(たこ焼きプレート)に油揚げを敷き詰め、2のタネを詰め込む。 フタをして火加減を[HI]にし、6分蒸し焼きにしたら、[MED]に落として4分加熱する。

      工程写真
    • 5

      フタを開け、ひっくり返して4分加熱する。 加熱が終わったら[WARM]又は[OFF]にする。

      工程写真
    • 6

      小鉢によく冷やした1のおだしを入れて鶏餃子を浸し、お好みの薬味(小ねぎ、もみじおろし、スプラウト等)を添える。

      工程写真
    レシピID

    393456

    「油揚げ」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    おねこ
    Artist

    おねこ

    呑兵衛料理家。 豊富な食材に魅了され、北海道永住を決めた生粋の食道楽。 北海道在住20年。 春は山菜採り、夏はキャンプ、秋はきのこ狩り、冬はスキー。北海道各地の旬の食材と美食を追いかけ、弾丸長距離移動もするアクティブ派。 「夜が楽しければきっと明日はもっと楽しい!」をモットーに、夜を盛り上げるおつまみレシピとごはんがすすむおかずをメインにレシピ開発。 ●冷蔵庫整理に目覚め、食品廃棄ゼロ2年10ヶ月達成!! ●コラム連載:「おねこさんと一緒にフードロス対策」 ●著書:ごはんもお酒もすすむ!絶品おねこ食堂(宝島社)

    「料理家」という働き方 Artist History