レシピサイトNadia
    主菜

    【基本の麻婆春雨】ご飯に合う絶品町中華/しかも簡単で安い!

    • 投稿日2024/03/29

    • 更新日2024/03/30

    • 調理時間15

    • カロリー(1人分)-

    • 総費用目安300

    • 冷蔵保存2~3

    • 冷凍保存-

    !表示はすべて目安です。詳しくはこちら

    【くり返し作りたい絶品中華】 調理は簡単でお手軽。 しかも安く作れる最高の中華です。 ずるっといってください。 旨さに唸ります。 ごはんと最高の相性で、 腹12分目までいきたいくらいに 食欲が暴走します。 電子レンジであたため直しても美味しいので、 作り置き、置き飯としても使えますよ。

    材料2人分

    • 緑豆春雨(でんぷん春雨でもOK)
      60g
    • 豚ひき肉(合い挽き肉でもOK)
      100g
    • 長ねぎ
      1/2本(50g)
    • にら
      1/2束(50g)
    • にんじん
      1/3本(50g)
    • ごま油
      大さじ1
    • A
      酒、味噌
      各小さじ2
    • A
      本みりん、砂糖、豆板醤
      各小さじ1
    • A
      にんにくチューブ、しょうがチューブ
      各小さじ1
    • B
      1カップ
    • B
      醤油
      大さじ1と1/2
    • B
      砂糖
      小さじ2
    • B
      鶏がらスープの素
      小さじ1

    作り方

    ポイント

    ■春雨について ・ショートタイプ(カットされているもの)を使用しています。長いものであれば、長さを半分に切って調理してください。 ・でんぷん春雨でもお作りいただけますが、つるっとしてコシがある緑豆春雨と比べると、柔らかくややべたつくような感触があります。食感に違いがあるだけで問題なく美味しいので、お好みの方をお使いください。作り置き前提であれば緑豆春雨がおすすめです。

    • 1

      長ねぎは斜め薄切り、にらは4cm長さ、にんじんは細切りにする。

      工程写真
    • 2

      フライパンにごま油、豚ひき肉(合い挽き肉でもOK)、にんじんを入れて中火にかけ、ひき肉に火が通って色が変わるまで1~2分炒める。

      工程写真
    • 3

      A 酒、味噌各小さじ2、本みりん、砂糖、豆板醤各小さじ1、にんにくチューブ、しょうがチューブ各小さじ1を混ぜてまわしかけ、1分ほど炒める。長ねぎとにらを加えてさっと炒め合わせる。

      工程写真
    • 4

      一旦火を止め、緑豆春雨(でんぷん春雨でもOK)を広げ入れてB 水1カップ、醤油大さじ1と1/2、砂糖小さじ2、鶏がらスープの素小さじ1を加える。フタをして中火にかけ、煮汁がふつふつとする火加減(強めの弱火~中火)を保って4分ほど煮る。

      工程写真
    • 5

      フタを取り、春雨が汁を吸うまで2分ほど炒め合わせる。

      工程写真
    レシピID

    480372

    質問

    作ってみた!

    • chichi
      chichi

      2024/06/06 10:02

      玉ねぎも入れました。 甜麵醬、豆鼓醬、オイスターソースを使いました。 春雨料理は好評なので、みんなパクパクでした。 美味しいレシピありがとう また、リピートします
    • みゆう
      みゆう

      2024/04/12 20:29

      とても美味しかったです🥰リピートします!!

    こんな「麻婆春雨」のレシピもおすすめ!

    関連キーワード

    「春雨」の基礎

    「基本・定番」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    おねこ
    • Artist

    おねこ

    呑兵衛料理家

    呑兵衛料理家。豊富な食材に魅了され、北海道永住を決めた生粋の食道楽。 北海道在住20年。 春は山菜採り、夏はキャンプ、秋はきのこ狩り、冬はスキー。北海道各地の旬の食材と美食を追いかけ、弾丸長距離移動もするアクティブ派。 「夜が楽しければきっと明日はもっと楽しい!」をモットーに、夜を盛り上げるおつまみレシピとごはんがすすむおかずをメインにレシピ開発。 ●著書:ごはんもお酒もすすむ!絶品おねこ食堂(宝島社) ●コラム連載:「おねこさんと一緒にフードロス対策」

    「料理家」という働き方 Artist History