レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

『特製甘辛うまだれのBIG豚つくねバーグ〜卵黄のせ〜』

主菜

『特製甘辛うまだれのBIG豚つくねバーグ〜卵黄のせ〜』
  • 投稿日2022/09/07

  • 調理時間15

お気に入りに追加

504

包丁不要!ふわふわジューシー♡『特製甘辛うまだれのBIGつくねバーグ』にとろ〜り卵黄をのせて、、、♡ 包丁不要で手軽に作れる!豆腐でボリュームアップ!「味の素®」を活用してあと引くおいしさに! 食卓のテンションが上がること間違いなしの、大きくてふわふわジューシーな豚つくねにうま味たっぷりの特製だれをかけてパクッ!!ご飯との相性抜群な豚つくね、ぜひお試しください♪♪

材料2人分

  • 豚ひき肉
    300g
  • 絹豆腐
    150g
  • A
    溶き卵
    1個分
  • A
    パン粉
    大さじ5
  • A
    片栗粉
    大さじ1/2
  • A
    醤油
    小さじ1
  • A
    おろしにんにく・おろししょうが(チューブ)
    各2〜3cm
  • A
    うま味調味料「味の素®」
    4ふり
  • A
    塩・こしょう
    各適量
  • サラダ油
    大さじ1/2
  • 大さじ2
  • B
    みりん・酒
    各大さじ2
  • B
    醤油・砂糖
    各大さじ1
  • B
    うま味調味料「味の素®」
    3ふり
  • 刻みねぎ
    適量
  • 白いりごま
    適量
  • 卵黄
    2個分

作り方

ポイント

●絹豆腐はパック詰め豆腐(充填豆腐)を1パック(150g)使用しています。 ●うま味調味料「味の素®」を加えることで、ひき肉の嫌な臭みを軽減、うま味だけをプラスしおいしさUP!たれの味もしっかりときまり、つくねに絡めてもつくねに負けないおいしさに。うま味が口いっぱいに広がります♪ #味の素株式会社タイアップ

  • 1

    絹豆腐の水気はキッチンペーパーで軽く拭き取る。 ボウルに豚ひき肉と絹豆腐、A 溶き卵1個分、パン粉大さじ5、片栗粉大さじ1/2、醤油小さじ1、おろしにんにく・おろししょうが(チューブ)各2〜3cm、うま味調味料「味の素®」4ふり、塩・こしょう各適量を加えてよく揉み込む。

    工程写真
  • 2

    フライパンにサラダ油を加えキッチンペーパーで薄く全体に広げる。1の半量をとり、手のひらを行き来させて空気を抜きながら厚み2.5cmほどに丸く成形して中央にくぼみをつけ、フライパンに入れる。もう一つも同様にしフライパンに入れる。強めの中火で熱し、片面2分、裏返して1分30秒焼いて、両面焼き色をつける。

    工程写真
  • 3

    酒を加えて蓋をして弱火〜弱めの中火で3分蒸し焼きにし、裏返してさらに3分加熱し、器につくねを盛る。

    工程写真
  • 4

    3のフライパン内をキッチンペーパーで一度きれいにし、B みりん・酒各大さじ2、醤油・砂糖各大さじ1、うま味調味料「味の素®」3ふりを加えて中火で1分半ほど煮絡めて特製だれを作る。 火を止め、特製だれをつくねの上からたっぷりとかけ、刻みねぎと白いりごまを散らし、卵黄をのせる。

    工程写真
レシピID

440233

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

つくね」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

RINATY(りなてぃ)
Artist

RINATY(りなてぃ)

【著書】 ・「りなてぃの一週間3500円献立」  第8回レシピ本大賞準大賞受賞 ・「りなてぃの一週間3500円献立2」 ・新刊「りなてぃの30分で完成!簡単3品献立」 シリーズ累計85万部突破 (2022年7月現在) 【自己紹介】 1995年生まれ/生まれも育ちも福岡 美味しいもの食べるのも見つけるのも好き! 【調味料のこと】 砂糖は三温糖 使ってます♡ 【レシピ発信の想い】 料理でたくさんの幸せをお届けしたいなと思っております。毎日忙しい中家族の為にお料理を作ってらっしゃる方や大切な人の為においしいお料理を作ってあげたい方。そんな方々に、身近にある食材・どのご家庭にもある調味料で簡単に作れるレシピをお届けします。私のレシピはお洒落な味付けというよりは家庭的で親しみのある味付けのものが多い、簡単・時短・節約レシピです。作る方も食べる方も料理を通してどこか心温まる小さな幸せを感じていただけたら嬉しいです。おいしくできた幸せ、おいしいと喜んでもらえる幸せ、笑顔あふれる食卓の幸せ、お子様と一緒に調理を楽しむ幸せ、そんな心温まる小さな幸せたちを。

「料理家」という働き方 Artist History