レシピサイトNadia
    デザート

    ココアシフォンケーキ カフェ風スイーツタイム♡

    • 投稿日2017/02/13

    • 更新日2017/02/13

    • 調理時間25(※焼き時間を除く。)

    クリスマス、バレンタイン、普段のスイーツタイムに・・と使用用途の幅が広いココアシフォンケーキはしっかりと基本を押さえておきたいもの!このレシピは、初心者さんでも無理なく上手に作れる材料の配合になっています。シフォン型から抜き出しやすい焼き上がりになるのが特徴のレシピです。ぜひご賞味下さい♡

    材料※17cm型シフォン型1台分のレシピです。

    • 薄力粉 
      100g
    • ベーキングパウダー 
      小さじ1/2
    • グラニュー糖 
      140g
    • 卵黄 
      5個分
    • 卵白 
      6個分
    • ココアパウダー 
      30g
    • 熱湯 
      50ml
    • サラダ油 
      60ml

    作り方

    ポイント

    ※このレシピは、17cmのシフォン型、21cmのシフォン型、どちらで焼いても『さまになる』レシピになっています。 オーブンで60分しっかりと焼ききって下さいね!

    •   ①薄力粉とベーキングパウダーはあらかじめよくふるっておきます。 ②グラニュー糖は、半々の量に分けておきます。 ③卵6個は、常温に戻しておきます。調理する前は、卵黄と卵白に分けて最後に残った卵黄1個分は、別の調理に使用しましょう。 ④シフォン型は、水で濡らしておきます。

    • 1

      ボールに卵黄を入れてからグラニュー糖の半量を加えて泡だて器でよく擦り混ぜます。  

    • 2

      ココアパウダーを熱湯でよく溶かしていきます。

    • 3

      1に2のココアパウダー液とサラダ油を加えてよく混ぜ合わせておきます。

    • 4

      別の大きめのボールに卵白を入れて、グラニュー糖の残りの半量を加えて、ボールを逆さまにしても卵白が落ちてこないまでしっかり泡立てます。

    • 5

      3に下準備①の粉類を4回に分けて加え、その都度、ゴムベラで切るように混ぜていきます。

    • 6

      5に4のメレンゲを4回にわけて加えて、その都度、ムラなく、ゴムベラで切るようにしっかり混ぜていきます。  

    • 7

      シフォン型に6の生地を一気に流し入れてから、空気の抜くために底をトントンと叩きます。

    • 8

      あらかじめ予熱した170度のオーブンで60分焼きます。心配してオーブンの扉を開けなくても大丈夫ですよ!(笑)

    • 9

      焼きあがったら、型を逆さまにしてそのまま冷まし、冷めたら型から抜きます。

    レシピID

    146466

    質問

    作ってみた!

    • 679983
      679983

      2022/02/08 20:41

      マフィン用の型で焼いたらダメですか?

    「シフォンケーキ」の基本レシピ・作り方

    こんな「シフォンケーキ」のレシピもおすすめ!

    関連キーワード

    豊田 亜紀子
    • Artist

    豊田 亜紀子

    家庭料理研究家

    家庭料理研究家&クリエイター 料理教室 Pinkish Rose Club 主宰 <フード資格> 野菜ソムリエ アスリートフードマイスター 薬膳アドバイザー スパイス香辛料アドバイザー スパイスインストラクター メディカルハーブカウンセラー ハーブライフインストラクター <その他の資格> パーソナルカラーアナリスト/イメージコンサルタント/ 実用英語検定準1級/日商簿記2級/華道師範 <自己紹介> 日本と世界の家庭料理(アメリカ料理専門)、及び、スパイスとハーブ料理のレシピをご紹介しております。 40~50代の主婦層を中心に支持されている二児の母。 Hiphop・Jazz・R&B・Soul music lover♡ <現在の活動> 大手食品メーカーのスパイスレシピ開発をメインに活動中。 また、カラーイメージコンサルタントとして、色彩を整えることに特化しており、料理の全体構成・企業様のブランディングのイメージメイキング作成のお手伝いを致します。 また、経済、会計等の知識も持ち合わせております。 <注記> 統計を正しく把握するため、自身のブログ及び各サイトにおいてもフォローを『0』数値に設定しており、相互フォローは一切行っておりません。宜しくご了承下さい。

    「料理家」という働き方 Artist History