レシピサイトNadia

    |旬を味わう|秋鮭のムニエルバター醤油ソース

    主菜

    |旬を味わう|秋鮭のムニエルバター醤油ソース

    お気に入り

    343

    • 投稿日2022/10/23

    • 調理時間15

    失敗しない焼き方です。新婚の頃、ムニエルが上手に焼けなくて悔しくて繰り返し練習し作った思い出料理。しっとりと美味しく焼くコツは温度と時間。 美味しく焼けるのでぜひお試しください。

    材料4人分

    • 秋生鮭
      4切れ(ムニエル用)
    • じゃがいも
      2個(300g)
    • パセリ
      大さじ 1(みじん切り)
    • ふたつまみ
    • 有塩バター
      20g
    • A
      みりん
      大さじ 1
    • A
      しょうゆ
      大さじ 2
    • A
      バター
      10g
    • 小麦粉
      小さじ 2
    • サラダ油
      大さじ 2

    作り方

    ポイント

    ・じゃがいもは圧力鍋で蒸すと蒸篭や蒸し器で蒸したようなほっくりした食感になり、短時間でできるのでおすすめです。 ・鮭の皮に切り込みを入れるこで火の通りがよくなります ・必ず中火で焼く(中火でじっくりと) ・フライパンはフッ素樹脂加工のものを使うとムラなく美味しそうな焼き目がつきます。 ・焼き時間は、タイマーで計ってください。

    • ・じゃがいもの皮をむき、半分に切る。圧力鍋に鍋底から2cmほど水を入れて蒸し板を入れじゃがいもをのせてふたをして中火にかける。 【高圧圧力鍋】 圧がかかったら火を止める。 【普通圧圧力鍋】 圧がかかったら2分加圧し火を止める。 【レンジ(600W)】 皮をむき乱切りにしラップをかけて3分ほど加熱し、そのまま余熱で1分おいて火を通す。 ・秋生鮭は皮に切り込みを入れ塩をふり10分おく。

      工程写真
    • 1

      じゃがいもをボウルに入れ木べらで粗くつぶす。

      工程写真
    • 2

      鮭の水気をペーパータオルで取り、鮭に小麦粉を薄くつける。余分についた粉ははたいて落とす。(刷毛などを使うと便利)

      工程写真
    • 3

      直径26cmのフライパンにサラダ油と有塩バターを入れ中火で熱しバターが溶けてシュワシュワと泡が出てきたら、鮭の皮のあるほうを下にして重ならないように並べ入れ焼く。

      工程写真
    • 4

      皮のあるほうから2分30秒、ひっくり返してを2分焼き取り出す。

      工程写真
    • 5

      【 ソースを作る 】 ペーパータオルでフライパンをさっと拭き、A みりん大さじ 1、しょうゆ大さじ 2、バター10gを入れ、中火で熱し煮立ったら火を止める。

      工程写真
    • 6

      器につぶしたじゃがいもを盛り、その上に鮭をのせソースをかけ、パセリをのせる。

      工程写真
    レシピID

    446964

    このレシピが入っているArtist献立

    「鮭」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    森口 ゆり子
    Artist

    森口 ゆり子

    フードコーディネーター/料理家 夫、小学生の息子2人の4人家族。 食べ継がれてきた家庭料理を基本に、食養生の考えを取り入れ、旬の食材や農産物を使った体にやさしく作りやすいレシピを心がけています。 【資格】 FCAJ認定フードコーディネーター3級 食生活アドバイザー 発酵食品ソムリエ

    「料理家」という働き方 Artist History