レシピサイトNadia
    • 公開日2017/03/21
    • 更新日2017/03/21

    中まで味が染みてカリッと!フライパンでできる絶品焼きおにぎりの作り方

    中まで味が染みていてカリッと香ばしい!理想の焼きおにぎりの作り方(レシピ)をご紹介。焼きおにぎりを作るには何度も醤油を塗りながらじっくり焼くのが定番。そこで今回は、フライパンで中まで味の染みた香ばしい焼きおにぎりが簡単に作れるコツをご紹介します。焼きおにぎりのお茶漬けや味噌味の焼きおにぎりのレシピも!

    このコラムをお気に入りに保存

    161

    気になるコラムを保存して、後で読み返そう!

    中まで味が染みてカリッと!フライパンでできる絶品焼きおにぎりの作り方

     

    中まで味が染みていてカリッと香ばしい!理想の焼きおにぎり

    焦げた醤油の香りがたまらない焼きおにぎり。中までお醤油の味が染み込んでいるのが理想ですよね。でも、中まで味を染み込ませるために何度もお醤油を塗っていると、崩れやすくなったり、中までお醤油が染み込まなかったり、意外と難しいもの。

    ですが、あるひと工夫で、簡単に中まで味の染み込んだ焼きおにぎりが作れるんです。

     

    材料 4個分

    ・ご飯 400g
    A醤油 大さじ1
    Aみりん 大さじ1
    ・醤油 小さじ1

     

    最初が肝心!焼きおにぎり

    焼きながら中まで味を染み込ませるのではなく、焼く前に調味料を混ぜ込んでしまえば、中まで味の染み込んだ焼きおにぎりが簡単に作れます。

    ポイントは「温かい」ご飯に混ぜること。冷たいご飯に調味料を混ぜると、きれいに混ざらずムラができてしまいます。

     

    もうひと握り!きゅっとしっかりめに握る

    調味料を混ぜ込んだら、いつものように握るだけ。そして最後にもうひと握り! そのあと焼くときに崩れないように、いつもよりしっかりめに握って下さい。ラップを使って握ると作りやすいですよ。

     

    グッと我慢!じっくり待つ

    フライパンをよく熱し、おにぎりを置きます。フライパンはテフロン加工のものがおすすめ。あとは触らずにじ~っと待つ! パチパチ音をさせながら30秒くらい焼き、ほんのり焼き色がついたら、ひっくり返し、焼けた表面にお醤油を塗ります。

     

    裏面が焼けたらひっくり返して、お醤油を塗った面をサッと焼きます。香ばしい香りが食欲をそそります。フライパンで焼くときは、しっかりフライパンをあたため、焼き目がつくまで触らないことがポイントです。どうしてもフライパンにくっついてしまう時は、クッキングペーパーを敷いて焼くとくっつきません。

    ●詳しいレシピはこちら
    ~中まで味が染みている!~香ばし醤油の焼きおにぎり

     

    香ばしい焼きおにぎりをお茶漬けに!

    醤油味の焼きおにぎりに、梅干し・わさびを添えてお茶漬けにしてもとっても美味しいですよ。

     

    懐かしい美味しさ!甘い味噌味の焼きおにぎり

    焼けた味噌の香りがたまらない焼きおにぎりです。白いご飯をおにぎりにして焼き、甘味噌を塗ってサッと焼いてください。ほんのり甘い味噌が白いご飯の美味しさを引き立てます。

     

    材料 4個分

    ・ご飯 400g
    A味噌…大さじ2
    Aみりん…大さじ1
    A砂糖…小さじ1
    ・大葉…4枚

    ●詳しいレシピはこちら
    ~田舎味~フライパンで作る味噌焼きおにぎり

    香ばしさがたまらない焼きおにぎり。お夜食や飲んだ後の〆に、香ばしい香りと一緒にホカホカの焼きおにぎりを味わってください。

     

    関連コラム
    ・話題沸騰!オイルおにぎりのアイデア3つ
    ・おにぎらずの次はこれ!!子どもも食べやすいスティックおにぎり、もう試しましたか?
    ・アレンジ自在!鶏むね肉七変化レシピ

    キーワード

    このコラムをお気に入りに保存

    161

    気になるコラムを保存して、後で読み返そう!

    SNSでシェアしよう

    このコラムを書いたArtist

    しぎはら ちづ
    • Artist

    しぎはら ちづ

    フードコーディネーター 福島在住 とにかくお料理大好き! 祐成陽子クッキングアートセミナー卒業 おうちで作る家庭料理を中心にジャンルを問わず作りやすい レシピを提案。 美味しいねの笑顔が見える『ほっと癒されるおうちごはん』 をテーマにお料理しています。

    にゃでぃあのおすすめ!
    「料理家」という働き方 Artist History