レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

そうめんでピリ辛汁なし坦々麺【レンジで5分肉味噌アレンジ】

主食

そうめんでピリ辛汁なし坦々麺【レンジで5分肉味噌アレンジ】
  • 投稿日2022/08/13

  • 調理時間10

お気に入りに追加

185

◾️普通のそうめんに飽きたら!【万能肉味噌を使って、汁なし坦々麺】 レンジ肉味噌だから簡単!5分で完成します。その間にそうめんを茹でればあっという間に完成!! ■【えのきは肉と同量】【簡単レンジで5分】 いつもの肉味噌を簡単にレンジで作りました。 ◾️【調味料全て覚えやすい大さじ1と小さじ1】 豆板醤・砂糖を除いて、調味料は覚えやすい大さじ1 はじめに調味料とひき肉を良く混ぜ合わせるのがポイントです!味がしっかりしみます!! ◾️豆板醤、ニンニク、しょうがも加えて、さっぱりし過ぎずパンチの効いた肉味噌です。辛味を増したい方はお好みでラー油を加えてくださいね〜。

材料2人分

  • そうめん
    4束(200g)
  • 豚ひき肉
    200g
  • A
    しょうゆ
    大さじ1
  • A
    オイスターソース
    大さじ1
  • A
    砂糖
    大さじ1
  • A
    ごま油
    大さじ1
  • A
    おろしショウガ
    大さじ1
  • A
    おろしニンニク
    小さじ1
  • A
    鶏がらスープの素
    小さじ1
  • A
    豆板醤
    小さじ1
  • えのき
    200g
  • きゅうり
    1本
  • 長ねぎ
    1/2本(50g)
  • 片栗粉
    小さじ1(同量の水で溶く。)
  • ラー油
    適量(お好みで)
  • 小ねぎ・白ごま
    適量

作り方

ポイント

◾️片栗粉でとろみをつける場合には、水溶き片栗粉を加えてよくかき混ぜるのがポイントです! 均一に混ぜないとダマになります。 ■そうめんに乗せて炸醤麺に。中華麺に乗せて汁なし坦々麺になります。 ◾️電子レンジの加熱時間 600W 1分→500W 1分12秒 機種により加熱時間を調節してくださいね。

  • *耐熱容器に豚ひき肉とA しょうゆ大さじ1、オイスターソース大さじ1、砂糖大さじ1、ごま油大さじ1、おろしショウガ大さじ1、おろしニンニク小さじ1、鶏がらスープの素小さじ1、豆板醤小さじ1を入れ、電子レンジにかける前によく混ぜる。 *長ねぎはみじん切り。 *きゅうりはせん切り。 *小ねぎは小口切り。

    工程写真
  • 1

    耐熱容器にふんわりラップ、又は蓋を斜めにおいて電子レンジ〈600W〉で1分加熱、取り出して、えのきを加えてふんわりラップをして、さらに2分加熱する。

    工程写真
  • 2

    長ねぎを加えてラップして、電子レンジ〈600W〉で1分加熱、片栗粉を同量の水で溶いて加えて、ひき肉によく混ぜて、ラップをせずに1分加熱する。

    工程写真
  • 3

    鍋にお湯を沸かしてそうめんをパラパラ入れて、再沸騰したら火を止め蓋をして1分おき、ザルに上げて流水でぬめりを取る。

    工程写真
  • 4

    器に水気を切ったそうめんを盛り、肉味噌、きゅうりをのせ、お好みで小ねぎ・白ごま、ラー油を添える。

    工程写真
  • 5

    えのきたっぷりヘルシーピリ辛肉味噌 🆔442739 https://oceans-nadia.com/user/44604/recipe/442739

    工程写真
レシピID

442799

「そうめん」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

そうめん」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

あーぴん(道添明子)
Artist

あーぴん(道添明子)

料理研究家・栄養士あーぴんです。 手抜きに見えない時短・カンタン 美味しい・ちょっとお洒落なごはん♪ みんなが笑顔になれる幸せごはん♪ 🥇2019年Nadia新人賞 🥇Nadia MVP 🥇デルタインターナショナルくるみレシピコンテストグランプリ 🥇十五夜に食べたい!まん丸レシピコンテストグランプリ 🥇ブルグルレシピコンテストグランプリ Nadia以外でもコンテスト多数優勝🥇 企業レシピ多数開発。 大手食品会社にて新製品の企画開発。ロングラン商品を多数開発。企業側に勤務・新製品開発の経験からのレシピ開発、販促パンフなどの制作は得意です。 テレビ局にて料理レシピの開発、系列新聞に掲載。 シルバー大学、地域の料理教室講師。 企業の健康栄養セミナー、企業の健康料理教室。 【健康な体は毎日の食生活から】をモットーに初心者でも作りやすい調理法を工夫して素材を生かしたメニューを開発しています。

「料理家」という働き方 Artist History