Nadia公式アプリで
便利にレシピ検索!

  1. とりむね肉の柔らかチキンカツ【#マヨ不使用 #衣づけ不要】

    とりむね肉の柔らかチキンカツ【#マヨ不使用 #衣づけ不要】 2分前

    220人がこのレシピをお気に入りにしました!

  2. カニカマと切り干し大根の具沢山春雨サラダ【#レンジ】

    カニカマと切り干し大根の具沢山春雨サラダ【#レンジ】 3分前

    131人がこのレシピをお気に入りにしました!

  3. 3分de超特急おつまみ『やみつき♡アボカドのポン酢だれ漬け』

    3分de超特急おつまみ『やみつき♡アボカドのポン酢だれ漬け』 4分前

    144人がこのレシピをお気に入りにしました!

  4. から揚げが10倍おいしくなる『絶品食べる香味だれ』

    から揚げが10倍おいしくなる『絶品食べる香味だれ』 4分前

    143人がこのレシピをお気に入りにしました!

  5. 作り置き*糸こんにゃくとツナの中華サラダ【ダイエットにも】

    作り置き*糸こんにゃくとツナの中華サラダ【ダイエットにも】 7分前

    117人がこのレシピをお気に入りにしました!

  6. \今話題のレシピを見つけよう!/

    タイムラインを見る

*鮭フレークとコーンとクリームチーズのおにぎり*

10
おにぎりの
人気レシピはこちら!

ランキングをもっと見る

2018.09.01

分類主食

調理時間: 10分

ID347331

松山絵美

*食べて心も身体も元気に楽しく美しく*料理研究家

鮭フレーク、コーン缶、クリームチーズのおにぎりは子供たちに大好評です^ ^
薬膳効果
○鮭…お腹の冷えに、疲労回復に、浮腫みに、血行改善に、また、サーモンに含まれるアスタキサンチンが美肌に効果的。
○とうもろこし...浮腫みに、疲れに、便秘に、解毒作用
○チーズ...皮膚や髪や粘膜の乾燥や、渇きに、肝機能の向上に

おにぎり 行楽 クリームチーズ 朝ご飯 時短 お昼ごはん 鮭フレーク 子供 コーン おべんとう ごはん 簡単

このレシピをブログで紹介する

材料3人分
ご飯 450g
A
鮭フレーク 20〜30g
A
コーン 50g
A
昆布茶か昆布だしの素 小さじ2
クリームチーズ(ポーションタイプ18g) 3個
作り方
Point!
クリームチーズは最後にざっくりと混ぜてください^ ^
  1. クリームチーズは角切りにしておきます。
  2. ご飯にA

    鮭フレーク 20〜30g、コーン 50g、昆布茶か昆布だしの素 小さじ2

    を混ぜ込みます。
  3. 最後にクリームチーズをざっくり混ぜ込んだらおにぎりにして出来上がりです^ ^
4 32
Nadia編集部おすすめ特集 Feature
  1. PR 【PR】搾りたてのコールドプレスジュースが飲める!ヒューロムの「試飲・実演体験会」
    搾りたてのコールドプレスジュースが飲める!ヒューロムの「試飲・実演体験会」 この特集を読む
  2. PR 【PR】「おめでとう」や「ありがとう」の気持ちを伝える食卓
    「おめでとう」や「ありがとう」の気持ちを伝える食卓 この特集を読む
  3. PR 【PR】作る時から会話が弾む。BRUNO crassy+で楽しむライブ感ある食卓。
    作る時から会話が弾む。BRUNO crassy+で楽しむライブ感ある食卓。 この特集を読む
  4. PR 【PR】素朴で優しい日本の味をご家庭で!「京風割烹白だし」のレシピ集
    素朴で優しい日本の味をご家庭で!「京風割烹白だし」のレシピ集 この特集を読む
  5. PR 【PR】大阪北部産野菜のかんたん&おいしいレシピ特集
    大阪北部産野菜のかんたん&おいしいレシピ特集 この特集を読む
  6. PR 【PR】家計の強い味方「鶏むね肉」でヘルシーチキン南蛮弁当!
    家計の強い味方「鶏むね肉」でヘルシーチキン南蛮弁当! この特集を読む
コメント・感想 Comment
このレシピの感想を伝える

ログインして感想を伝えよう!

作ったメモ

<作ったメモって?>
自分だけが見ることができるメモです。記録したメモは「作ったメモ一覧」で見ることができます。

お気に入り度

似たレシピをさがす Similar Recipe

簡単×オムライス (21) 時短×鉄分 (12) 子供×ひき肉料理 (11) おにぎり×麺 (3) おべんとう×麺 (3) お昼ごはん×麺 (3) ごはん×ウェイパー (3) クリームチーズ×鶏ささ身 (3) コーン×鶏ガラスープの素 (3) 朝ご飯×納豆 (3) 行楽×秋 (3) 鮭フレーク×魚 (3)
もっと見る

「コーンフレーク 」に関するレシピ

関連コラム article

PR Public Relations

最近見たレシピRatest Recipe more

おすすめコンテンツ contents