レシピサイトNadia
    主食

    【レンジで簡単!】オートミールミートドリア

    • 投稿日2021/09/09

    • 更新日2021/09/09

    • 調理時間15

    レンジとトースターだけで手軽に作れる、ミートドリアです。 ごはんのストックがなくてもオートミールを使えば、ごはんは1分で準備完了。ついでにヘルシーで低糖質に! 即席ミートソースはパスタなどのソースに使用しても美味しいです。

    材料17x12x4cmのグラタン皿1つ分

    • A
      オートミール
      50g
    • A
      コンソメ
      ひとつまみ
    • 100ml
    • バター
      6g
    • ブロッコリー
      50g
    • 玉ねぎ
      50g
    • B
      合いびき肉
      100g
    • B
      トマト缶
      100g(ダイス)
    • B
      ケチャップ
      大さじ1
    • B
      ウスターソース
      小さじ2
    • B
      コンソメ
      小さじ1
    • B
      砂糖
      小さじ1/2
    • B
      胡椒
      適量
    • 片栗粉
      小さじ1
    • シュレッドチーズ
      30g(適量)

    作り方

    ポイント

    *カラカラに乾燥しているブロッコリーの場合は、小さじ1程度の水を振ってからレンチンしてください。 *工程2で、ボウルの側面に少し張り付けるイメージで広げると、中央も火が通りやすくなります。平らにならすのではなく、適度にふわっとさせてください。 *ミートソースに片栗粉を加えたら、素早くよく混ぜてください。

    • 1

      ブロッコリーは洗って粗みじん切りにして耐熱ボウルに入れる。ふわっとラップをして600Wの電子レンジで1分加熱し、取り出しておく。 (以後のレンジ加熱は全て600W)

      工程写真
    • 2

      空いたボウルにみじん切りにした玉ねぎとB 合いびき肉100g、トマト缶100g、ケチャップ大さじ1、ウスターソース小さじ2、コンソメ小さじ1、砂糖小さじ1/2、胡椒適量を入れて混ぜる。ボウルの形に沿うよう中央をくぼませて広げ、ふわっとラップをかけて電子レンジで4分加熱する。一度取り出し、片栗粉を加えたらすぐに混ぜ、再びラップをかけて1分半加熱する。加熱が終わったら混ぜておく。

      工程写真
    • 3

      グラタン皿にA オートミール50g、コンソメひとつまみを入れ、水を注いで軽く混ぜる。表面にバターを散らし、ふわっとラップをして電子レンジで1分加熱する。加熱が終わったらスプーンでざっと混ぜる。

      工程写真
    • 4

      (3)に(1)をのせてから(2)をかける。シュレッドチーズをのせ、トースターでチーズが溶けるまで焼く。 焼きあがったらお好みでパセリ(分量外)を散らす。

      工程写真
    レシピID

    420930

    質問

    作ってみた!

    こんな「ドリア」のレシピもおすすめ!

    このレシピが入っているコラム

    このレシピが入っているレシピまとめ

    関連キーワード

    藤本マキ
    • Artist

    藤本マキ

    料理研究家・栄養士・豆腐マイスター

    • 栄養士
    • 豆腐マイスターアドバンス

    料理研究家 栄養士 豆腐マイスター(食育豆腐インストラクター) リバウンドを繰り返していた夫の、リバウンドなし!-12kgダイエット成功レシピを中心に レシピを公開しています。 ◇───────────────────────◇     ※著書『藤本マキの食べやせごはん』    2024年4月19日より発売開始いたしました♪ ◇───────────────────────◇ ■おいしさにこだわる食べやせごはん ※低カロリー・低脂質・高たんぱく質レシピなど ■意識していること ・ダイエットメニューには見えないボリューム感 ・代謝や腸活を意識したメニュー ・ダイエットしていない家族も一緒に食べたくなる、献立に取り入れやすいレシピ ・身近な食材で節約にもなるダイエットレシピ * 料理教室講師・出版社でのレシピ編集の経験などを経て、 レシピ開発、撮影調理、スタイリング、コラム執筆を行い、 企画書作成やデザインスキルあり。 SNSでもわかりやすいスワイプレシピを発信中です。

    「料理家」という働き方 Artist History