レシピサイトNadia

    自家製ラムレーズンバター&ラムいちじくバター

    デザート

    自家製ラムレーズンバター&ラムいちじくバター

    お気に入り

    221

    • 投稿日2020/09/16

    • 調理時間20(漬ける時間・冷やす時間は除く)

    混ぜて冷やすだけで簡単に美味しいお酒のおつまみが出来ちゃいます♪ ラム酒が香るレーズンの酸味と甘みに、滑らかなバターがとろけます。ラムレーズンバターは一般的ですが、プチプチとした食感と濃厚な甘みのある「いちじく」もオススメです。 クラッカーはもちろん、クッキーやトーストに塗っても美味しいですよ♪保存もできるので沢山作っておきましょう!

    材料10人分

    • 無塩バター(常温に戻す)
      計300g
    • ドライいちじく
      60g
    • レーズン
      80g
    • ラム酒
      計大さじ4
    • 砂糖
      計小さじ1
    • 計ふたつまみ

    作り方

    ポイント

    ・レシピのラム酒はダークラムを使用しました。 ・お子様にはラム酒を使わずにお作り下さい。 ・バターを棒状に伸ばす際は直径2~3㎝程度の小さめがオススメです。大きすぎると食べる際にクドく感じてしまいます。

    • 【漬ける】 ドライいちじくは固いヘタ部分がある場合は取り除き、1㎝大程度に切ってラム酒(大さじ2)に浸す。 レーズンはラム酒(大さじ2)に浸す。 【水分を拭く】 2時間浸したら、キッチンペーパーで水分を拭き取る。 ※水分を拭き取りすぎるとラム酒の風味が弱くなってしまうので注意。

      工程写真
    • 1

      【混ぜる】 無塩バター(常温に戻す)各150gをヘラで滑らかになるまで練る。 それぞれに砂糖(小さじ½)、塩(ひとつまみ)、ラム酒を浸したレーズン、いちじくを混ぜ込む。

      工程写真
    • 2

      【成形する】 ラップに❶を乗せ、包んで棒状に伸ばす(直径2~3㎝程度)。

      工程写真
    • 3

      手でころころと転がす様に成形すると綺麗な形になります。 ※バターが柔らかすぎると上手く成形できないので、その場合は冷凍庫に5分程度冷やしてから成形して下さい。

      工程写真
    • 4

      ラップの両サイドを絞って形を整える。 冷蔵庫で2時間以上冷やして完成!

      工程写真
    • 5

      【盛り付ける】 1cm幅に切る。クラッカー、バケット、クッキー等にのせて召し上がれ♪ ※常温に戻ってしまうと少しクドく感じるので、冷えた状態がベストです。少量づつ、もしくは砕いた氷の上にのせてもオススメです。 【保存】 冷蔵で2週間、冷凍で2ヵ月保存可能。 ※保存する場合はしっかりとラップで巻き、その上からアルミホイルで包んで下さい。 ※冷凍したバターを召し上がる時は自然解凍して下さい。また解凍したものを再冷凍すると風味が落ちるので使う分だけ切って下さい。

      工程写真
    レシピID

    398598

    「いちじく」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    ジャム」に関するレシピ

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    三浦ユーク
    Artist

    三浦ユーク

    料理研究家、キッチン男子部・部長、元寿司職人(アメリカ) テレビ番組フードコーディネート、料理動画監修、企業レシピ考案、レストランメニュー開発、コラム執筆、料理教室、食イベントへの出演等。 得意ジャンルは、ちょっと気の利いたお酒のおつまみや居酒屋メニュー。 料理を作る時のモットーは「調和とアクセント」。全体のバランスを考えつつも、香り・食感・味覚を刺激するアクセントを加えることを意識しています。 「世の中にもっと料理をする人が増えれば、大切な人とのコミュニケーションが増えるし、美味しいものを一緒に楽しむ時間を共有でき、世界は今以上に幸せになるんじゃないか?」という想いから、料理人口を増やすべく啓蒙活動として、おもてなし料理クリエイター集団「キッチン男子部」を設立、主宰。 料理は表現であり、感動と幸せを提供できる「エンターテインメント」だという想いで活動しています。

    「料理家」という働き方 Artist History