【圧力鍋レシピ】基本の 豆ごはん 色鮮やか!香り豊か!

25

2021.04.17

分類主食

調理時間: 25分

ID 411070

さいとうあきこ

圧力鍋研究家。圧力鍋のお料理講座を開催しています。

豆は下ゆでして最後に加えるので、色鮮やかに仕上がります。
豆をさやごと塩ゆでしているので、ゆで汁には豆の香りがしっかり!そのゆで汁を使うことで、お米に豆の香りがしっかりと入ります。しかも、さやごとゆでたエンドウ豆は、さやから豆をはずすのも楽です。

    材料4人分
    A
    エンドウ豆(さやつき) 200g(うすいえんどう、グリーンピースなど)
    A
    小さじ1
    A
    200ml
    2合
    大さじ1
    水(エンドウ豆のゆで汁と合わせて) 350ml
    作り方
    Point!
    必ずさやつきのエンドウ豆を使ってください。
    最初の加圧は、圧力がかかったらすぐに火を止めて急冷してください。ここで時間をおくと、豆がどんどん柔らかく、色も悪くなります。
    2回目の加圧時間は、圧力鍋によってことなります。お使いの圧力鍋で「白米」の調理法を参照してください。
    1. 米は洗ってザルに上げておく。
      エンドウ豆はさやつきのまま水洗いする
    2. 圧力鍋にA

      エンドウ豆(さやつき) 200g、塩 小さじ1、水 200ml

      エンドウ豆(さやごと)、塩、水を入れる。
    3. ふたを閉め、低圧にセットして火にかける。沸騰して圧力がかかったらすぐに火を止めて急冷する
      ※ゼロ活力なべ(白オモリ)使用
      ※急冷方法は、取扱説明書を確認してください
    4. 急冷して圧力が下がったら、すぐにふたを開け、
      ザルにあげて豆とゆで汁に分ける。
    5. 豆は、冷めたらさやから取り出しておく。

      エンドウ豆のゆで汁は、茶漉しなどで濾し、
      水を加えて350ml計量しておく。
    6. 圧力鍋に米・(4)で計量した水(エンドウ豆のゆで汁と合わせて)350ml・酒を入れてふたを閉める。
    7. 火にかけ、沸騰して圧力がかかったら1〜5分加圧調理する。
      ※加圧時間は圧力鍋によって変わります。「白米」の炊き方と同じです
      ※ゼロ活力なべ(白オモリ)使用時は1分加圧
    8. 時間になったら、火を止めて、そのまま圧力が下がるまで余熱でしばらく置く。
      圧力が下がったらふたを開け、エンドウ豆を加えてさっと混ぜる
    0 23
    コメント・感想 Comment
    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    アプリでお気に入りを保存しよう!

    アプリなら、もっと便利にお気に入りレシピを管理できます!

    Nadia公式アプリをダウンロード

    このレシピをサイトに埋め込む

    「炊きこみご飯・混ぜご飯 」に関するレシピ

    関連コラム article

    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額250円(税抜)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。