Nadia公式アプリで
便利にレシピ検索!

  1. 台湾風♪ピリ辛肉味噌混ぜそうめん【#簡単#夏休み#ランチ】

    台湾風♪ピリ辛肉味噌混ぜそうめん【#簡単#夏休み#ランチ】 3分前

    173人がこのレシピをお気に入りにしました!

  2. こく旨ピリ辛!冷やし豆乳担々麺の作り方レシピ

    こく旨ピリ辛!冷やし豆乳担々麺の作り方レシピ 3分前

    159人がこのレシピをお気に入りにしました!

  3. 枝豆ときゅうりの無限ツナサラダ【#簡単#時短#おつまみ】

    枝豆ときゅうりの無限ツナサラダ【#簡単#時短#おつまみ】 4分前

    136人がこのレシピをお気に入りにしました!

  4. コツあり!コクうま♡我が家のカボチャサラダ

    コツあり!コクうま♡我が家のカボチャサラダ 5分前

    129人がこのレシピをお気に入りにしました!

  5. ナスとチキンのねぎポン炒め

    ナスとチキンのねぎポン炒め 6分前

    159人がこのレシピをお気に入りにしました!

  6. \今話題のレシピを見つけよう!/

    タイムラインを見る

レモン香る☆牡蠣と小松菜のソテー

10
主菜の
人気レシピはこちら!

ランキングをもっと見る

2019.01.24

分類主菜

調理時間: 10分

ID371199

中井エリカ

管理栄養士。栄養満点の簡単おいしいレシピを発信中!

ポッカレモン100を使った、カルシウムがとれるおかずレシピです(^^)
作り置きにもおすすめですよ♪

小松菜にはカルシウムが豊富で、レモンに含まれるクエン酸にはカルシウムの吸収を高めてくれる効果があります!

主菜 小松菜 つくりおき カルシウム 作り置き ポッカレモン100 作り置きおかず かき氷 牡蠣 ポッカレモン

このレシピをサイトに埋め込む

材料2人分
牡蠣 200g
小松菜 1束
醤油 小さじ2
ポッカレモン100 大さじ1
砂糖 小さじ2
片栗粉 大さじ1.5
サラダ油 適量
作り方
Point!
牡蠣は片栗粉をまぶしてから水で洗うことで、汚れをきれいにとることができます。
  1. ・小松菜は洗って4センチ幅に切る。
    ・牡蠣は片栗粉(分量外)をまぶしてから水でやさしく洗う。キッチンペーパーで水気を拭き取る。
  2. 牡蠣に片栗粉をまぶし、サラダ油をひいたフライパンに並べて中火で焼く。
  3. 火が通ったら小松菜も加えて1分ほど炒め、醤油、砂糖、ポッカレモン100を加えてさっと炒める。
4 74
Nadia編集部おすすめ特集 Feature
  1. PR 【PR】上品さと清涼感溢れる食卓を演出して。
    上品さと清涼感溢れる食卓を演出して。 この特集を読む
  2. PR 【PR】暑い夏にも!旬の佐賀県産アスパラガス特集 第2弾
    暑い夏にも!旬の佐賀県産アスパラガス特集 第2弾 この特集を読む
  3. PR 【PR】まろやかな酸味のマリネ♪いなば食品のコーン大量活用術
    まろやかな酸味のマリネ♪いなば食品のコーン大量活用術 この特集を読む
  4. PR 【PR】夏の疲労回復にも!チーズで美味しいアスリートごはん
    夏の疲労回復にも!チーズで美味しいアスリートごはん この特集を読む
  5. PR 【PR】フライパン用ホイルシートで油いらず!「豚もやしチーズ」
    フライパン用ホイルシートで油いらず!「豚もやしチーズ」 この特集を読む
  6. PR 【PR】人気のシビレ麺をパスタで!「シビレ系ジャージャン風パスタ」
    人気のシビレ麺をパスタで!「シビレ系ジャージャン風パスタ」 この特集を読む
  7. PR 【PR】BRUNO crassy+でとろとろ牛すじカレー♪
    BRUNO crassy+でとろとろ牛すじカレー♪ この特集を読む
  8. 梅雨だる解消レシピ特集!身体が喜ぶさっぱり&スタミナ料理
    梅雨だる解消レシピ特集!身体が喜ぶさっぱり&スタミナ料理 この特集を読む
コメント・感想 Comment
このレシピの感想を伝える

ログインして感想を伝えよう!

つくメモ

<つくメモって?>
あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

お気に入り度

似たレシピをさがす Similar Recipe

作り置き×桜エビ (6) かき氷×豆腐 (3) つくりおき×麺類 (3) カルシウム×青のり (3) ポッカレモン×鶏むね肉 (3) ポッカレモン100×鶏胸肉 (3) 主菜×鶏ひき肉 (3) 作り置きおかず×鶏チャーシュー (3) 小松菜×麻婆 (3) 牡蠣×鶏肉 (3)
もっと見る

関連コラム article

PR Public Relations

最近見たレシピRatest Recipe more

おすすめコンテンツ contents