レシピサイトNadia

    南仏ニース名物サンド、パン・バニャ

    • 投稿日2013/06/11

    • 更新日2013/06/11

    • 調理時間10

    お気に入り

    21

    南仏ニース名物、具だくさんサンドイッチ。 ニースの方言で「ぬれたパン」という意味の特大サンドイッチ。 その名のとおり、パンにたっぷりとオリーブオイルをふりかけ、みずみずしい野菜を挟んでしっとりとさせるのが特徴です。

    材料2人分

    • 丸いフランスパン
      2個
    • にんにく
      1/2片
    • EX.V.オリーブオイル
      大さじ2
    • バルサミコ酢
      小さじ2
    • トマト
      1個
    • 玉ねぎ
      1/8個
    • ツナ
      小1缶(80g)
    • ゆで卵
      1個
    • 黒オリーブ
      2個
    • アンチョビ
      2枚
    • サラダ菜
      2枚

    作り方

    ポイント

    作り立ても美味ですが、さらに30分以上おくと、水分をほどよく吸ったパンと具が一体化しておいしさが増します。

    • 1

      パンは横方向に2等分に切り離し、それぞれの切り口につぶしたにんにくをこすり付けて香りをつけ、スプーンなどで全体にオリーブオイルとバルサミコ酢を塗る。

    • 2

      トマトは5mm幅の輪切り、玉ねぎはみじん切りにする。ツナは油を切る。ゆで卵は殻をむき1cm幅の輪切りにする。これらに塩、こしょうをふり下味をつける。黒オリーブとアンチョビは2等分する。

    • 3

      1のパンの半分に、一口大にちぎったサラダ菜を敷き、2の具をのせる。オリーブオイル(分量外)を少々かけ、もう半分のパンをかぶせて軽く押さえ、上からピックを突き刺して具をしっかり固定させる。これを2個作る。

    • 4

      ラップで包んで少し時間をおき、パンと具が馴染んだら食べごろ。

    レシピID

    101164

    質問

    作ってみた!

    関連キーワード

    神崎則子
    • Artist

    神崎則子

    ル・コルドン・ブルー東京校グランディプロム取得。 神奈川県藤沢市にて「フランス家庭料理教室 アン・プチ・プ」主宰。 バターや生クリームを極力使わず、旬の野菜をオリーブオイルで調理する南仏料理を中心とした、日本の家庭でも簡単に作れるヘルシーなレシピを提案。 •一般社団法人日本豆腐マイスター協会理事 •豆腐マイスター講座料理認定講師 •イタリアAISO認定オリーブオイルソムリエ

    「料理家」という働き方 Artist History