Nadia公式アプリで
便利にレシピ検索!

  1. カニカマきゅうりのごまマヨサラダ【#作り置き#大量消費】

    カニカマきゅうりのごまマヨサラダ【#作り置き#大量消費】 20分前

    251人がこのレシピをお気に入りにしました!

  2. 重ねて煮るだけ♪『もやしと豆腐のうま辛♡坦々スープ』

    重ねて煮るだけ♪『もやしと豆腐のうま辛♡坦々スープ』 49分前

    199人がこのレシピをお気に入りにしました!

  3. 豚とアスパラのスタミナ味噌炒め【#作り置き#お弁当】

    豚とアスパラのスタミナ味噌炒め【#作り置き#お弁当】 53分前

    150人がこのレシピをお気に入りにしました!

  4. おつまみ副菜♪『しっとりささ身ときゅうりの梅塩こんぶ』

    おつまみ副菜♪『しっとりささ身ときゅうりの梅塩こんぶ』 2時間前

    107人がこのレシピをお気に入りにしました!

  5. ほろほろくずれる♡ホワイトクッキー♡

    道添明子〈あーぴん〉さんがレシピを投稿しました!3時間前

  6. \今話題のレシピを見つけよう!/

    タイムラインを見る

豚と里芋の簡単煮物。

20

2016.01.19

分類主菜

調理時間: 20分

ID134085

栁川かおり

Happy Smile Recipes !

豚肉と里芋の定番のおかずも、電子レンジを使うととっても簡単!下味から調理までワンボウルでできますよ。少し甘めなこっくり煮物です。

里いも おふくろの味 豚肉薄切り シニア

このレシピをサイトに埋め込む

材料2人分
里芋 2個
豚バラ薄切り肉 80g
椎茸(生) 2個
A
醤油 大さじ1
A
砂糖 大さじ1
大さじ1
インゲン 4本
七味唐辛子 適量
作り方
Point!
冷ましながら里芋に味をしみこませます。煮汁が少ないのでラップを直接のせて落し蓋のようにして冷ますといいですよ。途中で全体を混ぜるとより均一に味がしみこみます。
  1. 耐熱ボウルにAを合わせます。豚肉はひとくち大に切り、Aを揉み込み10分ほどおきます。
    里芋は皮を剥いて大きめの乱切りに、椎茸は石づきをとって半分に切ります。
  2. ①のボウルに里芋と椎茸と水を加えて全体を混ぜ、里芋の上に豚肉を広げるようにのせます。
  3. ふんわりと「NEWクレラップ」をして、電子レンジ(500W)で5分加熱します。取り出して全体を混ぜ、さらにラップをしてもう3分加熱します。
  4. 取り出して煮物の上に直接ラップをかけてそのまま冷まします。食べる時には温めて下茹でしたインゲンを混ぜ、お好みで七味唐辛子をふります。
41 531
Nadia編集部おすすめ特集 Feature
  1. PR 【PR】存在感あるカレーを引き立てるスタイリング術
    存在感あるカレーを引き立てるスタイリング術 この特集を読む
  2. PR 【PR】暑い夏にも!旬の佐賀県産アスパラガス特集 第2弾
    暑い夏にも!旬の佐賀県産アスパラガス特集 第2弾 この特集を読む
  3. PR 【PR】子どもも喜ぶ!いなば食品のコーン大量活用術
    子どもも喜ぶ!いなば食品のコーン大量活用術 この特集を読む
  4. PR 【PR】チーズと腸活⁈Q・B・Bチーズでアスリートごはん
    チーズと腸活⁈Q・B・Bチーズでアスリートごはん この特集を読む
  5. PR 【PR】トースターで香ばしさアップ!夏にぴったり「うざく」
    トースターで香ばしさアップ!夏にぴったり「うざく」 この特集を読む
  6. PR 【PR】素材のうま味を楽しむ。サーモスの取っ手のとれるフライパン
    素材のうま味を楽しむ。サーモスの取っ手のとれるフライパン この特集を読む
  7. PR 【PR】BRUNO crassy+で香ばしさ満点タンドリーチキン
    BRUNO crassy+で香ばしさ満点タンドリーチキン この特集を読む
  8. 梅雨だる解消レシピ特集!身体が喜ぶさっぱり&スタミナ料理
    梅雨だる解消レシピ特集!身体が喜ぶさっぱり&スタミナ料理 この特集を読む
コメント・感想 Comment
このレシピの感想を伝える

ログインして感想を伝えよう!

つくメモ

<つくメモって?>
あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

お気に入り度

似たレシピをさがす Similar Recipe

シニア×ペペロンチーノ (10) おふくろの味×認知症 (3) 豚肉薄切り×麺類 (3) 里いも×韓国 (3)
もっと見る

「クレハ 」に関するレシピ

関連コラム article

PR Public Relations

最近見たレシピRatest Recipe more

おすすめコンテンツ contents