レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

止まらない美味しさディップふっくら黒豆トマトサルサ&ワカモレ

副菜

止まらない美味しさディップふっくら黒豆トマトサルサ&ワカモレ
  • 投稿日2022/08/17

  • 調理時間10

お気に入りに追加

17

フジッコ 蒸し黒豆はふっくらとして噛めば噛むほど滑らかな食感になります。 この特徴を生かしたかったので、「骨太とお肌のためのバゲッドに合う黒豆のパテ」を作ってみたら美味しかったので、次にトルティーヤチップスのディップにしようと思い、トマトサルサとワカモレを作ってみました。 熱い最中で、電力不足、加熱不要なのも嬉しいレシピです。 フジッコ 蒸し黒豆がこのトマトサルサとワカモレにドンピシャリ!  とっても美味しいディップに仕上がりました。 黒豆とトマトの相性は最高なので、オススメの組み合わせです。

材料4人分トマトサルサとワカモレは1袋ずつ使用

  • A
    トマト
    1個 約130g
  • A
    玉ねぎ(小)
    1/4個 約30g
  • A
    ピーマン
    1個
  • A
    フジッコ 蒸し黒豆
    1袋(10粒は取る)(65g)
  • A
    レモン汁
    1/2個
  • A
    岩塩
    小さじ1/2
  • A
    クミンパウダー
    少々
  • A
    粗びき黒こしょう
    少々
  • B
    アボカド
    1個
  • B
    フジッコ 蒸し黒豆
    10粒
  • B
    トマトサルサ
    大さじ1
  • B
    レモン汁
    小さじ1/2
  • B
    岩塩
    1/小さじ2
  • トルティーヤチップス
    適量

作り方

ポイント

フジッコ 蒸し黒豆は味付けされてないのですが、このまま食べても美味しい蒸し豆です、 特にトマトサルサはクミンを入れず、ご飯と混ぜるとイタリアのライスサラダとなります。 また、ミートボールに入れたり、ハンバーグ、つくね、がんもどきなどいろいろな料理に使えます。 市販品のトルティーヤチップスは塩味が強いのでディップソースの塩分を加減してください。 #フジッコタイアップ

  • A トマト1個 約130g、玉ねぎ(小)1/4個 約30g、ピーマン1個、フジッコ 蒸し黒豆1袋(10粒は取る)、レモン汁1/2個、岩塩小さじ1/2、クミンパウダー少々、粗びき黒こしょう少々の材料でトマトサルサを作る。 ・トマト、ピーマン、玉ねぎはみじん切り。 ボウルに切った野菜を入れ、フジッコ 蒸し黒豆とこの他のAを加えて混ぜ合わせる。 これでトマトサルサの完成。

    工程写真
  • 1

    B アボカド1個、フジッコ 蒸し黒豆10粒、トマトサルサ大さじ1、レモン汁小さじ1/2、岩塩1/小さじ2でワカモレを作る。 ・アボカドは半分に種に向けて切り込みを入れ、種に包丁を刺してひねり取り出す。 皮を剥く。 ・黒豆は半分に切る。

    工程写真
  • 2

    ボウルにアボカドと黒豆、黒豆以外のトマトサルサをみじん切りに切り、アボカドに入れて混ぜる。 ホイッパーで叩きながら混ぜるとクリームのような滑らかなワカモレが作れます。

    工程写真
  • 3

    トルティーヤは6等分に切り160℃の油で揚げて網にのせ油をきる。 市販品でもOKです。

    工程写真
  • 4

    揚げたトルティーヤチップスにトマトサルサとワカモレを好きなだけのせて頂く。 ※市販品のトルティーヤチップスでもOKですが、塩味が強いのでディップソースの塩分を加減してください。

    工程写真
  • 5

    【関連記事】 骨太とお肌のためのバゲッドに合う黒豆のパテ https://oceans-nadia.com/user/11362/recipe/442947

    工程写真
レシピID

442981

「アボカド」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

ディップ」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

吉村ルネ
Artist

吉村ルネ

低糖質ダイエット/アンチエイジング/ソース・フルーツドレッシング料理研究家 ・健康維持レシピ ・栄養価PFC計算 ・感染症予防の免疫力レシピ開発 ・企業に向けた創作レシピ開発/料理撮影 ・アンチエイジングには欠かせないレモンや果物を使ったレシピ開発 グラフィックデザイナーの頃、NY在住の日本人デザイナーと結婚し渡米。 多人種が多いNYで、世界の様々な食文化に触れ、食への刺激を受ける。 夫が生活と活動の場をスペインに移し10年間過ごす。自然豊かな地中海ダイエットに触れる。 世界の各地への旅を通して様々な食文化に触れさらに食への造詣を深める。 2007年スペインからシアトルへ、その後カリフォルニアへ移住しblogを始める。 料理コンテストで数々の賞を受賞し、企業のレシピ開発、アンバサダーとしても活躍。 長年の海外生活を終え2014年に帰国し、企業のPR活動に従事。 世界の様々な食文化に触れながら、家族の健康と病気にならない方法を書物などを通して学ぶ。 自らの食の経験から、調理の工夫次第で人の体はいつまでも若くいられ健康になれると確信。 今までの実績が功を奏して、ユーザーに支持されている企業のローカーボ100レシピを共同で開発し、時短レシピ企画と撮影に携わる。 自らも仕事をしながら短時間で作れるレシピをSNSに投稿しユーザーに好評を得ている。 また、健康レシピをインスタグラムを通して人々に役立てようとグローバルに活躍中。

「料理家」という働き方 Artist History