サワラの西京焼き(動画あり)

20

2016.12.30

分類主菜

調理時間: 20分(漬ける時間、置く時間を除く)

ID 145347

高橋 善郎

NO COOKING NO LIFE.

おせちには欠かせない、冷めてもおいしい基本の西京焼きです。

素材はシンプルですが、飾り包丁や漬ける際のポイントなどがありますので、動画と合わせてご覧いただければ幸いです。

今年のおせちにいかがでしょうか?

    材料2人分
    サワラ(切り身) 2切
    ゆず(添え物用) 小1個
    A
    白みそ 200g
    A
    みりん 大さじ3
    A
    大さじ3
    作り方
    Point!
    《POINT》
    ・漬け込む前に塩をふる(下味をつけるのと臭みを抜く)
    ・漬け床の粘度に気をつける(漬け床は数回繰り返し使用できる)。
    ・飾り包丁を入れるときれいな仕上がりに。
    1. 切身の皮目に格子状に浅めに切り込み(飾り包丁)を入れ、半分にカットする。両面に塩(分量外:少々)をあて、常温で約30分置き、キッチンペーパーでやさしく水分を拭き取る。
    2. A

      白みそ 200g、みりん 大さじ3、酒 大さじ3

      をボールに入れ、混ぜ合わせ、漬け床を作る。
      (みりんと酒は耐熱皿に入れ、600Wの電子レンジで約1分ほど温めるとみそと混ざりやすい。)
    3. タッパーに2を半分しき、キッチンペーパーで1を包んだものをのせ、残りの2を加える。フタをして、冷蔵庫で1日以上置く。
    4. 3を取り出し、新しいキッチンペーパーで漬け床を軽く拭き取る。魚焼き用グリルで表面に焼き色が付くまで焼く。ゆず、付け添えの野菜(分量外:少々)とともに、器に盛り付ける。
      (魚焼き用グリルは製品によって強さが異なりますが、5〜7分くらいを目安に焼いてください。オーブンであれば250度くらいの温度で同時間が目安です。西京焼きは表面が焦げ付きやすいので様子を見ながら焼いてください。)
    22 272
    コメント・感想 Comment
    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    アプリでお気に入りを保存しよう!

    アプリなら、もっと便利にお気に入りレシピを管理できます!

    Nadia公式アプリをダウンロード

    このレシピをサイトに埋め込む

    「さわら 」に関するレシピ

    関連コラム article

    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額250円(税抜)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。