煮干しとしめじの明太クリームパスタ

25

2017.02.07

分類主食

調理時間: 25分

ID 145858

高橋 善郎

NO COOKING NO LIFE.

白だしと相性の良い乳製品をたっぷり使用した、だけど食べやすく和風に仕上げたクリームパスタです。

2月14日はバレンタインデー!だけでなく、煮干しの日でもありますので、ぜひ、煮干しを使用した料理を作って、パートナーの胃袋をつかんでみては?

味はびっくりするほど抜群においしい。

ヤマキ株式会社

材料

2人分
ヤマキ割烹白だし 大さじ2
パスタ 140g
煮干し 20g
しめじ 1袋(160g)
小松菜 2わ(150g)
パスタのゆで汁 大さじ2
オリーブオイル 大さじ3
粗挽き黒こしょう、粉チーズ 各少々
A
明太子(薄皮から身をこそげ取る) 2腹分(50g)
A
牛乳 100ml
A
生クリーム 50ml

作り方

ポイント

《POINT》
・パスタを茹でる際の塩は、湯に対して1%量の塩を使用していただくのがおすすめです。
・小松菜をパスタと一緒に茹でる際は、小松菜の芯の方を先に茹でると火の通りが均一になります。
・生クリームを加えすぎると食べた印象が重くなってしまい、逆に牛乳を使用しすぎるとこくも足りなくなってしまうのでそのバランスを整えてあげると非常においしく仕上がります。 
  1. しめじは石づきを切り落とし、軽くほぐす。小松菜は茎の固い部分を切り落とし、葉の部分までは5cm幅のざく切りにする。(葉の部分は盛り付ける際に長い方がきれいに盛り付けることができるのであえて長いまま使用する。)
  2. にぼしを温めたフライパンに入れ、5分ほど弱火で焦げないように炒り、一旦別皿に移す。
  3. ボールに白だし、A

    明太子(薄皮から身をこそげ取る) 2腹分(50g)、牛乳 100ml、生クリーム 50ml

    を入れ、混ぜ合わせる。
  4. 熱湯に塩(分量外:適量)を入れ、パスタを規定通り茹でる。(茹で汁もとっておく)茹であがる1分ほど前に小松菜を入れ、一緒に茹で、ザルにあける。
  5. フライパンにオリーブオイルをひき、強火でしめじがしんなりするまで炒め、3を加え、混ぜ合わせる。1、2、パスタの茹で汁を加え、手早く混ぜ合わせとろみが出てきたら器に盛り付け、こしょう、チーズをふる。
  6. 煮干しは製品によって大きさが異なりますが、今回はヤマキ 食べる小魚を使用しました。比較的小さく料理にも使用しやすく頭と腹わたを取る必要がないのでおすすめです。

    他のヤマキさま製品で煮干しも色々とありますが、料理に使用する場合は小さめのものを使用していただく、もしくは大きめのものであれば、少々手間はかかりますが、頭と腹わたをとっていただくとよりおいしく召し上がっていただけます。
9 40

コメント・感想 Comment

このレシピの感想を伝える

ログインして感想を伝えよう!

つくメモ

<つくメモって?>
あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

お気に入り度

アプリでお気に入りを保存しよう!

アプリなら、もっと便利にお気に入りレシピを管理できます!

Nadia公式アプリをダウンロード

このレシピをサイトに埋め込む

「ヤマキ 」に関するレシピmore

関連コラム article

まずは3ヶ月無料でお試し!

※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額450円(税込)が発生します。
※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。

プレミアムサービスとは