蒸すから旨い!豚バラと豆もやしの蒸し鍋

15

2021.11.26

分類主菜

調理時間: 15分

ID 426424

こじまぽん助

分子調理学研究家/ビデオグラファー

煮るだけが鍋料理ではない。材料は最小限でも、蒸すからさっぱり旨い!鍋料理の新常識をあなたに。

梅干し めんつゆ 塩昆布 大葉 豆もやし 豚バラ肉

    材料

    2人分
    豚バラ肉 300g程度
    豆もやし 1袋
    大葉 10枚程度
    梅干し 4個程度
    塩こんぶ 大さじ1
    料理酒 50ml
    めんつゆ 大さじ2

    作り方

    ポイント

    ①豚バラ肉は薄切りを使う
    ②旨味の相乗効果
    ③煮ないで蒸す
    公式アプリで献立を作ろう

    レシピを自由に組み合わせて
    あなただけの献立が作れる!

    アプリストアへ

    1. 豚バラ肉(フルレングスのものの場合)を3等分に切っておく。
    2. 「蒸し器」
      どんなタイプでもOK。最悪なくてもOK。ただし、蒸し器なしの場合はこの後の水は入れずに無水調理で。
    3. 「水」
      8〜10分ほど蒸すのである程度の量を。目安は500〜800mlぐらい。
    4. 「豆もやし」
      がさっと1袋分。ある程度平になるようにならして。
    5. 「豚バラ肉」コツ①
      しゃぶしゃぶ用ではなく"薄切り"をチョイスして。豆もやしの食感とバッチリ合います。
    6. 「大葉」
      半分に切ったものを。肉が重なる方を切った方にするとキレイに盛り付きます。
    7. 「梅干し」
      練り梅的に細かくしたものを。減塩タイプでも、はちみつタイプでも、なんでもOK。
    8. 「繰り返す」
      こんな感じで盛り付けていきます。見た目を気にしないのであればテキトーでもOK。肉が重なりすぎないように。
    9. 「目指すべき状態」
      理想はこんな感じで。
    10. 「料理酒」
      調味料も最小限。
    11. 「めんつゆ」
      僕は2倍のものを使っていますが、3倍でも4倍でも同量で大丈夫。濃くなるほどの量ではありません。
    12. 「塩こんぶ」コツ②
      肉、めんつゆのイノシン酸に対して、こんぶのグルタミン酸を付加。これで旨味の相乗効果を。
    13. 「蒸す」コツ③
      沸騰してから8〜10分を目安に。蒸すことで余計な脂と臭みが抜けます。
    14. 「目指すべき状態」
      時間で切ってほぼブレませんが、肉が重なっている部分の色がしっかり変わっていればOK。
    15. 「完成」
      いい仕事するんで、小ねぎをかけて。超かんたん。でも旨い。
    1 23

    コメント・感想 Comment

    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    似たレシピをさがす Similar Recipe

    めんつゆ×黒酢(3) 塩昆布×麺つゆ(3) 大葉×鰻丼(3) 梅干し×麹(3) 豆もやし×鶏肉料理(3) 豚バラ肉×黒砂糖(3)
    もっと見る

    このレシピをサイトに埋め込む

    「梅干し 」に関するレシピmore

    関連コラム article

    アプリで
    見る
    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額450円(税込)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。

    プレミアムサービスとは