レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

口の中で肉汁あふれる!絶品ハンバーグ

主菜

口の中で肉汁あふれる!絶品ハンバーグ
  • 投稿日2021/06/10

  • 調理時間45(生地を冷やす時間を除く)

お気に入りに追加

113

ハンバーグは、皆さん食べたことがあるし、美味しい味も知っている料理。それを、美味しく作るわけですから、難しい料理の代表でもあります。ポイントは、生地を作ったら、必ず、少量を焼いて、味の確認をすること!料理を失敗しない最大の秘訣は、味見です!

材料4~5人分

  • 合いびき肉
    約500g
  • 玉ねぎ
    1個(大きめ、約200g)
  • ローリエ
    1枚
  • 生パン粉
    70g
  • 1個
  • ナツメグ
    小さじ1/3
  • こしょう
    小さじ2/3
  • 小さじ2/3
  • デミグラスソース
    250g
  • とんかつソース
    大さじ3~4
  • ケチャップ
    大さじ2
  • 赤ワイン
    80ml
  • バター
    40g
  • 水(または湯)
    適量
  • 塩、こしょう(ソース用)
    適量
  • サラダ油
    少々

作り方

ポイント

ハンバーグは、焼くと縮みます。形を作る時に、真ん中の部分を薄くしておくと、周りから縮んで、平らに焼き上がりますョ。

  • 1

    玉ねぎはみじん切りにする。フライパンにサラダ油少量をひき、玉ねぎとローリエを炒める。粗熱が取れたらローリエを取り出し、冷蔵庫で冷たくなるまで冷やしておく。

  • 2

    ボウルに、1の玉ねぎ、生パン粉、卵、ナツメグ、塩、こしょうを入れて混ぜ、合いびき肉を入れ、ひき肉の粒がわからなくなるくらいまでよく練る。 ※少量をとって焼き、味をみて薄ければ調味料で味を調える。生地は冷蔵庫で30分ほど冷やしておく。

  • 3

    2のハンバーグ生地を4~5等分し、手のひらにぶつけて空気を抜き、形を整えておく。  ※形を作るときに、ハンバーグの中央を薄くしておく。

  • 4

    フライパンにサラダ油を入れ、3の生地を入れて中火で焼き、7割ほど火を通す。焼き色が付いたら裏返し、中まで完全に火を通したら器に盛り付ける。

  • 5

    4のフライパンの油をペーパータオルなどで軽く拭き取り、赤ワインを入れて半量になるまで煮詰め、デミグラスソースを入れて混ぜる。沸騰したらとんかつソース、ケチャップを入れて混ぜる。水(または湯)で濃度を調整し、バターを入れて混ぜ、塩、こしょう(ソース用)で味を調えたら、4のハンバーグにかける。

  • 6

    お好みで付け合わせの野菜と目玉焼き(ともに分量外)を盛り付ける。

レシピID

413452

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

ハンバーグ」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

森野熊八
Artist

森野熊八

16歳から包丁を握り、大学卒業後、フランス料理、イタリア料理の修業をし、 料理学校の西洋料理担当教授として活躍をしたという経歴を持つ。 1990年より〈料理の作り方を歌詞にして、歌いながら料理を作る〉というパフォーマンスを考案、 料理教室やライブハウスなどで「森野熊八クッキングショー」として活動し注目を集める。 テレビにおいても、料理に対する熊八独自の視点とアイデア、その軽妙な話術で数多くの番組に出演、 “料理をより身近なものに” というポリシーのもと、楽しくて美味しい「クッキングショー」も展開している。 近年は、NTV「遠くへ行きたい」などのグルメリポーターや、NHK教育「ひとりでできるもん!どこでも クッキング」などの子供向け番組にも出演、料理教室、トークショーや講演では、既成の栄養学にとらわれない 熊八流食育を提案するなど、さらに活躍の場を広げている。 森野熊八、料理研究家ヤミー、料理研究家きじまりゅうた、料理家本田よう一による 【TOKYO料理部!】としてイベントを開催。【TOKYO料理部】としてレシピ単行本 「この一冊があれば!毎日おいしい野菜のおかず500」を2016年6月発売。 また、森野熊八が手がける初の食育絵本 『みなみのしまのカウカウ カイじいさんとおおきなさかな』を2016年7月に発売した。 ★LFネット『森野熊八グルメタイム~日本全国うまい、うまい!~』(5局ネット)好評放送中!

「料理家」という働き方 Artist History