レシピサイトNadia

    オトナのバレンタイン♡『プルーンチョコレート』

    デザート

    オトナのバレンタイン♡『プルーンチョコレート』

    お気に入り

    10

    • 投稿日2019/02/08

    • 更新日2019/02/08

    • 調理時間30(冷やす時間を除く)

    オトナだってバレンタインを楽しみたい!お酒好きな方はたまらない『プルーンチョコレート』はいかが? ラムで香りを付けたガナッシュを、プルーンのなかに絞った大人味。 キリッと冷やしたシャンパーニュとどうぞ♪

    材料

    • プルーン
      15粒(なるべく粒の大きいもの・種抜)
    • クーベルチュールチョコレート(コーティング用)
      100g
    • 生クリーム
      100cc((32%))
    • ラム酒
      大さじ1杯(お好みで量を調整してください)
    • ココアパウダー
      適量
    • 製菓用チョコレート
      100g(コーティング用)

    作り方

    ポイント

    絞るうちにガナッシュが固くなると袋が破ける可能性があるので、手で揉んでやわらかくしながら絞ってください。 ラムはお好みでどうぞ。赤ワインでもおいしくできます。

    • ■コーティング用のチョコレートをテンパリングしておきます。 参考→ https://oceans-nadia.com/cooking_basics/78

    • 1

      クーベルチュールチョコレートを湯せんにかけます。 【湯せんの温度…60度程度】

      工程写真
    • 2

      小鍋に生クリームを入れ、沸騰直前まで温めます。 1⃣に加え、混ぜずにそのまま20秒ほど待ちます。

      工程写真
    • 3

      ボウルの中心からゴムベラで少しずつ混ぜます。 混ぜるうちに次第にとろみが出て、チョコレートの部分が広がっていくのがわかります。

      工程写真
    • 4

      全体が均一な状態になりました。

      工程写真
    • 5

      ラム酒を加えて全体を混ぜます。

      工程写真
    • 6

      表面にぴったりとラップを貼り、絞れるくらいの固さになるまで室温に置きます。ラップの上から押して指の跡が残る程度がベスト 冷蔵庫に入れると固くなりすぎるので室温で。夏は様子を見ながら冷蔵庫に入れます。

      工程写真
    • 7

      絞り袋に入れます。 先が細すぎると出にくいので、5~6ミリになるようカットします。

      工程写真
    • 8

      プルーンの間に⑦のガナッシュを絞ります。 ガナッシュが固くなると袋が破れやすいので、固くなってきたら軽く揉みます。

      工程写真
    • 9

      ガナッシュをナイフでなめらかに整えます。

      工程写真
    • 10

      テンパリングした製菓用チョコレートを少量手に取り、⑨を転がすようにして薄くコーティングします。 【テンパリングのしやすさを考えて、コーティング用のチョコレートは多めに設定しています。残ったらそのまま固めるか、ミルクに溶かしてショコラショーでどうぞ】

      工程写真
    • 11

      固まらないうちにココアパウダーをまぶして完成です。

      工程写真
    レシピID

    371998

    「チョコレート」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    「チョコレート」に関するレシピ

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    むっちん(横田睦美)
    Artist

    むっちん(横田睦美)

    製菓学校を卒業後、都内のパティスリーに就職。その後、業務用製菓・調理道具店に勤める傍ら料理家のアシスタントを経験。 プロの料理人やパティシエとのやり取りをするうちに、より料理への知識を深める。 食品会社での営業・パティスリー向けのレシピ開発を担当。 𓇼 永遠の東南アジアトラベラー。アジア料理は作るのも食べるのも大好き。手作りの調味料が得意です。 𓇼 「お菓子作りは"理論"と"感覚"」とはいえむずかしく考えず、誰が食べても「シンプルにおいしい!」そんな料理やお菓子を提案しています。 𓇼 2021年5月初の著書となる『極上だれでパパッとごはん』を発売。

    「料理家」という働き方 Artist History