レシピサイトNadia

    ごはんがどんどんすすむ。小松菜の生ふりかけ

    調味料

    ごはんがどんどんすすむ。小松菜の生ふりかけ

    お気に入り

    108

    • 投稿日2019/05/09

    • 調理時間10

    魚の水煮缶を使って、丸ごと食べられるしっとり生ふりかけを作りました。 今回はさんまの水煮缶を使いましたが、サバやイワシなどお好みの魚で試してくださいね。 大根の葉でよく作りますが、小松菜だとより色が鮮やかでシャキシャキ感がクセになります。骨ごと食べられる水煮缶だから、カルシウムもたっぷり!

    材料5人分ごはん4~5膳分くらいです。

    • 小松菜
      5株(約100g)
    • さんまの水煮
      100g(今回はサバやイワシでも可)
    • しょうが
      10g
    • A
      しょうゆ
      小さじ2
    • A
      みりん
      小さじ2
    • A
      砂糖
      小さじ2
    • 白ごま
      大さじ1
    • ごま油
      大さじ1

    作り方

    ポイント

    ■水煮缶はイワシ、サバなどお好みのものを使ってくださいね。 ■水煮缶ではなく、味噌煮などでも作れますが、もともと味が付いているものは調味料の量を加減してくださいね。缶汁ごと入れて水分を飛ばせば、旨みがまるごといただけます。 ■しっとりとさせるため水分が多いので、2~3日で食べきるようにしてくださいね。

    • 1

      小松菜は細かく刻み、しょうがは千切り、水煮缶は水気を切っておきます。

      工程写真
    • 2

      フライパンにごま油を入れ、全体に油が回って軽くしんなりするくらい、中火で1~2分炒めます。

      工程写真
    • 3

      さんまの水煮を入れ、細かくほぐしながら炒めます。 A しょうゆ小さじ2、みりん小さじ2、砂糖小さじ2を加え、水分がなくなるまで5分ほど炒め、仕上げに白ごまを加えて完成です。

      工程写真
    • 4

      炊きたてのごはんにのせたり、混ぜ込んでおにぎりにしてもおいしく召し上がれます。

      工程写真
    レシピID

    375514

    「小松菜」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    むっちん(横田睦美)
    Artist

    むっちん(横田睦美)

    製菓学校を卒業後、都内のパティスリーに就職。その後、業務用製菓・調理道具店に勤める傍ら料理家のアシスタントを経験。 プロの料理人やパティシエとのやり取りをするうちに、より料理への知識を深める。 食品会社での営業・パティスリー向けのレシピ開発を担当。 𓇼 永遠の東南アジアトラベラー。アジア料理は作るのも食べるのも大好き。手作りの調味料が得意です。 𓇼 「お菓子作りは"理論"と"感覚"」とはいえむずかしく考えず、誰が食べても「シンプルにおいしい!」そんな料理やお菓子を提案しています。 𓇼 2021年5月初の著書となる『極上だれでパパッとごはん』を発売。

    「料理家」という働き方 Artist History