筍を上手に茹でる方法【灰汁抜き/下茹で】

210

2021.04.19

分類副菜

調理時間: 3時間 30分

ID 410837

ゆうだい

主夫が作る『簡単&本格』ほほえみご飯☻

春になると登場する皮つきの筍。水煮缶とはまた違った味わいがあります。

獲れたての新鮮な筍はすぐに下処理をしてあく抜きをするのが鉄則♪

家庭でも簡単に美味しく茹でることができるので、ぜひ一度お試しください。

    材料6人分
    4本(小2本、中2本)
    鷹の爪 1本
    米ぬか 50g
    作り方
    Point!
    筍の灰汁抜きは弱火でコトコトが基本!
    強火で加熱すると、灰汁が抜けきらずえぐみが残るため弱火でじっくり火を通しましょう。

    筍の冷蔵保存は、徐々にうまみが抜けていくので3~4日で食べきるのが良いです。茹で汁は一晩おいてから捨て、その後は水の中に筍をつけて保存してください。水は毎日替えましょう。
    1. 【筍の下処理】
      筍の先端(穂先)を斜めに切り落とす。
      外の汚れた皮は数枚(2~3枚)剥ぐ。下の部分は薄く切り落とす。
      切り落とした先端から筍の実(中央)の方向へ、垂直に切り込みを入れる。包丁を入れる深さは筍の実まで到達しない程度で、長さは1/3程度。水で綺麗に洗う。
    2. 筍を鍋に入れて、筍がかぶる程度の水を張る。
      米ぬかと鷹の爪1本を入れる。
    3. ①を強火で茹で、沸騰してきたら弱火にする。
      落し蓋をして1時間程度茹でる。
    4. 1時間後、上にたまった灰汁を取り落し蓋も取る。
      2時間程度常温で放置し粗熱をとる。
    5. 2時間後、保存容器に筍と③の茹で汁を入れて冷蔵庫で保存する。
    1 36
    コメント・感想 Comment
    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    アプリでお気に入りを保存しよう!

    アプリなら、もっと便利にお気に入りレシピを管理できます!

    Nadia公式アプリをダウンロード

    このレシピをサイトに埋め込む

    「和え物 」に関するレシピ

    関連コラム article

    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額250円(税抜)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。