鶏むね肉のピンチョス パルミジャーノ・レッジャーノ・ソース

25

2016.05.20

分類副菜

調理時間: 25分(鶏肉のマリネ時間・冷まし時間除く)

ID 138329

庭乃桃

ご飯がすすむおかず と ひとなべ欧風料理のレシピ

人気のピンチョスに、パルミジャーノ・レッジャーノ・チーズをベースにしたコクのあるすりおろし野菜のソースを添えて。隠し味にほんの少しの味噌を加えた存在感のあるこのソースなら、ジューシィで味わい深い鶏むね肉と野菜が驚くほどおいしくいただけます。色合いも綺麗なのでホームパーティーやおもてなしにもおすすめですよ。

    材料(作りやすい分量:ピンチョス10本分)
    鶏むね肉 1/2枚 (150g)
    ブロッコリー 1/2株 (蕾)
    アスパラガス 2本
    ミニトマト 5個
    パルミジャーノ・レッジャーノ 20g
    にんじん 40g
    玉ねぎ 25g
    A
    きび糖 小さじ1
    A
    小さじ1
    A
    小さじ1/8
    A
    ブラックペパー 少々
    B
    EXVオリーブオイル 1/4カップ
    B
    にんにく・おろし 小さじ1/4
    B
    味噌 小さじ1
    B
    大さじ1/2
    B
    少々
    作り方
    Point!
    ◆鶏むね肉は火を通しすぎるとかたくなるので、強火で焼き色だけ付けたらあとは余熱で火を入れていきます。
     この時、生焼けになるのを防ぐため、下味をつけた後は「必ず常温に」置いておいてくださいね。
     全体が白くなるように、外側はまんべんなくしっかり焼きます。
    1. 鶏むね肉は厚みが均一になるよう、包丁で観音開きにする。
      フォークの先で全体を刺してA

      きび糖 小さじ1、酒 小さじ1、塩 小さじ1/8、ブラックペパー 少々

      をすり込み、常温で30分おく。
    2. フライパンに薄く油(分量外)を引いて強火にかけ、鶏肉を皮面から入れて
      こんがり焼き色をつける。ひっくり返して裏も同様に焼いたら、
      取り出してすぐにアルミホイルで二重に包み、粗熱が取れるまで置いて
      一口大に切る。
    3. 鶏肉を冷ましている間にソースを作る。

      小さめに切った玉ねぎとにんじん、アーモンドナイフで小さめにかち割った
      パルミジャーノ・レッジャーノをB

      EXVオリーブオイル 1/4カップ、にんにく・おろし 小さじ1/4、味噌 小さじ1、酢 大さじ1/2、塩 少々

      と共にブレンダーにかけ、
      ムラなく混ぜ合わせる。

      (※ブレンダーを使わない場合はチーズと野菜をすべてすりおろし、
      調味料と混ぜ合わせます。)
    4. アスパラガスは根元を手で折り、かたい部分の皮をむく。
      それをブロッコリーと共に電子レンジで約2分加熱(ラップあり・600W)し、
      それぞれ10等分する。ミニトマトはヘタを取って半分に切る。
    5. ブロッコリー、ミニトマト、アスパラガス、鶏肉の順にピックで刺し、
      3) のソースを添える。
    18 26
    コメント・感想 Comment
    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    アプリでお気に入りを保存しよう!

    アプリなら、もっと便利にお気に入りレシピを管理できます!

    Nadia公式アプリをダウンロード

    このレシピをサイトに埋め込む

    「ワインに合うおつまみ 」に関するレシピ

    関連コラム article

    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額250円(税抜)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。