注目ワード新じゃがいもマリネガトーインビジブル唐揚げあさり

Nadia Artistのレシピ数:35,040レシピ

2017.02.21

お料理に華やかさをプラス!上手にできるポーチドエッグの作り方

キーワード
トッピング おもてなし 華やか おしゃれ サラダ ポーチドエッグ

エッグベネディクトやサラダにのっているポーチドエッグ。レストランなどでよく見かける存在ですが、じつは自宅で意外と簡単にできます! のせるだけでいつものお料理がワンランクアップする、ポーチドエッグの基本の作り方をマスターしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お気に入りに追加

 

お店の味、ポーチドエッグがお家でも味わえる!

ポーチドエッグは別名「落とし卵」と言われ、お湯の中に卵を落として白身を凝固させる卵料理です。白身は固まっていますが、黄身が半熟。ナイフを入れると、とろーりと黄身があふれだしてくる様子は食欲をそそります。

ポーチドエッグを使った料理で有名なのは「エッグベネディクト」。イングリッシュマフィンにポーチドエッグやベーコンのせ、卵黄とレモン汁で作ったオランデーズソースをかけた料理です。レストランなどで最近よく見かけるようになりましたが、自宅で作るイメージを持っている方は少ないと思います。

けれどもいつものお料理にのせるだけで華やかになり、お料理自体がワンランクアップしたような見栄えになるので、作り方はぜひマスターしたいところ。

今回は基本の作り方を写真付きで詳しくご紹介するとともに、エッグベネディクト以外にも使えるレシピをご紹介します。

 

基本のポーチドエッグの作り方

【材料】

卵 1個
酢 大さじ2

【作り方】

1、鍋に水1L(分量外)を入れて沸騰させ、酢を加え、弱めの中火にします。

ここでポーチドエッグを成功させる重要なポイントが2つあります。

1つめは、「酢」を入れること。1Lのお湯に対し、大さじ2が目安です。「酢」はタンパク質を固まらせる作用があるため、「酢」を入れることで、お湯の中で白身が散らばらず、素早く固まってくれます。

2つめは弱めの中火にすることです。沸騰した状態のお湯に入れると、卵が踊って白身がバラバラになり、元に戻らなくなってしまいます。必ず水面がボコボコしないくらいの火加減に調節することが大切です。

2、菜箸を使ってお湯をぐるぐるとかき混ぜ、中央に渦を作り、そこに卵を落とし入れます。渦の中で回転しながら黄身の周りに白身がまとわり、きれいな形に仕上がります。

白身が白く固まるまではぐるぐると優しくかき混ぜ続けてください。白身が固まったら、混ぜるのをやめてそのまま2~3分ほど火を通し、冷水にとります。

これでポーチドエッグの完成です。ちょっと飛び出た白身があって気になる場合は、カットして丸い形に整えてから使ってください。

 

ポーチドエッグをのせておしゃれ度アップ!

できたポーチドエッグを早速料理にプラスしてみましょう。柔らかい白身を割るとでてくるとろーり濃厚な黄身は感動もの! のせるだけで贅沢気分が味わえます。

 

温野菜のチーズソースとポーチドエッグのせ

温野菜の上にのせれば華やかさがプラスされます。野菜にかけた簡単チーズソースとポーチドエッグの黄身が合わさり、まろやかでコクのある味わいに。

詳しいレシピはこちら。
https://oceans-nadia.com/user/26633/recipe/146447

 

ミートパスタ ポーチドエッグのせ

いつものミートソースパスタにもポーチドエッグをのせれば、見た目も味もワンランクアップ。フォトジェニックな見た目に。料理の腕もアップした気がしますよね。

詳しいレシピはこちら。
https://oceans-nadia.com/user/26633/recipe/146361

普段の料理にポートドエッグがプラスされることで、自宅で作ったとは思えないような仕上がりに! ぜひこの機会にポーチドエッグの作り方をマスターして、ワンランクアップしたお料理を楽しんでみてはいかがでしょうか?

こちらの記事もチェックしてみてくださいね。
目指せ卵マスター!「カリッ」「ふわっ」「とろ~」の3つの卵料理を極めよう
冷凍効果で黄身とろっ!冷凍卵の絶品アレンジレシピ
写真付き!話題のエッグインクラウドを時短で作るとっておき裏技教えます☆

 

この記事のライター
 
フードコーディネーター/和食文化研究家 野島ゆきえ(ゆう)
https://oceans-nadia.com/user/26633

キーワード
トッピング おもてなし 華やか おしゃれ サラダ ポーチドエッグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お気に入りに追加

関連記事

いつでも肉じゃが

ページの先頭へ