あったか蒸し寿司☆ひなまつりに

60

2013.08.30

分類主食

調理時間: 1時間 0分

ID 103512

星野奈々子

ビオワインとおもてなしごはん。

京都の料理屋で数年前に食べた蒸し寿司が忘れられず、記憶を元に作ってみました。穴子がたっぷり入った甘いお寿司を蒸篭で蒸したものです。ひなまつりにどうぞ。米2合分です。

    材料

    4人分(―)
    玄米 2合
    米酢 大4
    小1
    三温糖 大3
    あなご 150g
    干し椎茸 12g
    かんぴょう 20g
    蓮根(輪切り) 100g
    人参(せん切り) 50g
    みりん 大2
    醤油 大2
    三温糖 大2
    3コ
    小1/4
    三温糖 小1
    桜でんぶ 適量
    海老 15匹
    絹さや 15本

    作り方

    ポイント

    *具が多く、味は濃いめです。
    蒸すと酢の味が飛ぶので、お酢も少し濃いめの味付けです。
    *今回は玄米を使っていますが、白米でも構いません。
    *蒸篭がない場合は茶碗に入れて蒸しても良いです。できるだけ温かい状態で食べてください。
    公式アプリで献立を作ろう

    レシピを自由に組み合わせて
    あなただけの献立が作れる!

    アプリストアへ

    1. *干し椎茸は1.5カップ程度の水で戻しておく
      *かんぴょうは洗って塩でもんで20分程度置き水で洗って絞っておく
      *絹さやは洗って筋をとり、塩水で軽くゆでる
      *海老は塩と酒をふって、水で洗ってから塩水で軽くゆでる
    2. *錦糸卵をつくる:卵3コをボールに割り入れて溶き、塩、三温糖を加えてよく混ぜる。油を薄くひいたフライパンで3回に分けて薄焼き卵を作り、細いせん切りにする
      *あなごは焼いてたれにからめたものを細かく刻んでおく
    3. 鍋に菜種油(分量外)をひき、人参(せん切り)、蓮根(輪切り)の順に炒める。火が通ったら干し椎茸、かんぴょうを干し椎茸の戻し汁と共に加え、三温糖、醤油、みりんを加えて水分がなくなり、かんぴょうが柔らかくなるまで煮る。
    4. 米酢、塩、砂糖をボールに合わせて溶かし、寿司酢をつくる。
      炊いた玄米に寿司酢を加えて混ぜ、3.の具と焼き穴子を加えて混ぜ合わせる。蒸篭に混ぜたごはんを入れ、錦糸卵、桜でんぶ、海老、絹さやを飾る。10分ほど蒸してできあがり。
    10 12

    コメント・感想 Comment

    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    このレシピをサイトに埋め込む

    「すし 」に関するレシピmore

    関連コラム article

    アプリで
    見る
    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額450円(税込)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。

    プレミアムサービスとは