レシピサイトNadia

    旨味たっぷり&さっぱり!鰹と夏野菜のガーリック醤油パスタ

    主食

    旨味たっぷり&さっぱり!鰹と夏野菜のガーリック醤油パスタ

    お気に入り

    10

    • 投稿日2021/08/07

    • 更新日2021/08/07

    • 調理時間20

    鰹とたっぷりの夏野菜の和風パスタ。さっぱりしながらコクのある仕上がりで、夏バテの時期にもスルスルと入ります。鰹の香りをニンニクやトマトが和らげ、ソースには旨みがたっぷり!意外な組み合わせながら、クセになる味わいです。

    材料2人分

    • 200g
    • 玉ねぎ
      1個
    • トマト
      2個
    • なす
      2個
    • さやいんげん
      30g(10本程度)
    • 青じそ
      5枚
    • A
      ニンニク
      1片
    • A
      オリーブオイル
      大さじ1
    • セミハードチーズ
      50 g
    • スパゲティー
      200g
    • 20g
    • B
      オリーブオイル
      大さじ1
    • B
      醤油
      大さじ2

    作り方

    ポイント

    ・にんにくはオイルに入れてから弱火にかけると焦げずに香りが引き立ちます。 ・ナスを柔らかく炒めるには油か水分が必要。玉ねぎの後に茄子を入れてオイルコーティングした状態でトマトを加えると、コクが出て美味しく仕上がります。 ・鰹は長く煮るとかたくなるので、パスタがゆであがる少し前に加えて油をまわし、茹で汁で煮るようにすると程よいかみごたえに仕上がります。 ・パスタがゆであがったらオリーブオイルを加えるとくっつきにくく食べやすいです。 ・お醤油を加えたらすぐに火を止めると、香りが引き立ちます。

    • 鰹、玉ねぎ、なす、トマト、セミハードチーズは一口大に、さやいんげんは1cm幅の小口切りに、青じそは千切りに、ニンニクはみじん切りにする。

    • 1

      フライパンにA ニンニク1片、オリーブオイル大さじ1を入れて弱火に熱し、香りが出たら中弱火にして玉ねぎ、なす、トマトの順に炒める。

    • 2

      鍋に2リットルの湯を沸かし、沸騰したら塩を加え、再沸騰したらスパゲティーを入れて袋の表示通りに茹でる。

    • 3

      2に鰹を入れて色が変わったら2の茹で汁を50ml加えておく。

    • 4

      2がゆであがったらざるにあげ、3に加えてB オリーブオイル大さじ1、醤油大さじ2を加える。

    • 5

      器によそい、セミハードチーズと青じそをあしらう。

    レシピID

    418808

    「スパゲッティ」の基礎

    「トマト」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    fujinoniji 越野美樹
    Artist

    fujinoniji 越野美樹

    1歳より新宿育ち。 大手証券会社就職後、編集プロダクション・出版社勤務、結婚後約20年の惣菜店経営と料理教室講師を経て、2016年より新鮮で美味しい野菜が身近にある田舎暮らし。娘の通う学校の事務職をしながら、料理教室&食ライター生活のシングルマザー。 不器用ながら、食べたいものはなんでも手作りがモットー。基本調味料で野菜の美味しさを引き出すおうちごはんが得意です。食材と調理法を理解すれば、苦手な野菜も美味しく仕上がるということを伝えたいです。 趣味は美味しいものを食べることとピアノを弾くこと。 学生時代は、お祭り好きの静かな女と言われていました。 料理教室の生徒さんは、みなさんお料理に対する姿勢が変わった、家族が野菜を食べてくれるようになった、レシピを見ただけではわからない火加減や調理法がよくわかって料理の仕上がりが変わった、お腹いっぱい食べても元気に過ごせる、などと口々におっしゃいます。 旬の野菜を自分が食べたいと思う料理に仕上げること、野菜をよく見て切り方や調理法を考えること、素材によって火加減や水加減を調整すること。食材の選び方や、野菜を美味しく仕上げるためのちょっとしたコツなどをお伝えしています。

    「料理家」という働き方 Artist History