レシピサイトNadia
    主食

    「土鍋で炊く基本のお赤飯」モチモチ!滋味深い

    • 投稿日2024/04/07

    • 更新日2024/04/07

    • 調理時間60(粗熱を取る時間は除く)

    • カロリー(1人分)-

    • 総費用目安-

    • 冷蔵保存-

    • 冷凍保存6~7

    !表示はすべて目安です。詳しくはこちら

    土鍋で作る、基本のお赤飯。 炊き立てのモッチモチがいただけます。 小豆は最後まで柔らかくせず、7分通りのかたさまで炊いてから加えると、崩れにくいです。 炊飯器でも同じように作れます。 お好みでごま塩をふって召し上がれ! 残った小豆は、レシピID411142のあんこにしてお楽しみください。

    材料4人分

    • 小豆
      100g
    • もち米
      2合

    作り方

    ポイント

    ・煮汁が100mlよりも少ない場合は、水を足してください。 ・小豆のかたさは、だいたい火が通り、かつ指でつぶれないくらいです。かたすぎると、ご飯と一緒に炊いても柔らかくならないので、注意してください。

    • 1

      鍋に洗った小豆と水500mlを入れて強火にかける。

    • 2

      沸騰してしばらくしたら200mlの水を一気に入れる。それをあと2回繰り返す。アクを取り、フタをして30分炊く。粗熱を取ってから、ボウルを敷いたザルにあげて、小豆と煮汁に分ける。

    • 3

      もち米は研いでザルにあげ、280mlの水に漬けて30分以上置いておく。

    • 4

      2の小豆を50gと煮汁100mlを入れ、フタをして中火にかける。

    • 5

      蒸気が出てきたらごく弱火にし、10分炊く。最後に10秒ほど強火にして火を止める。10分蒸らす。

    • 6

      小豆をつぶさないようにそっと、上下を返すように混ぜる。

    レシピID

    480971

    質問

    作ってみた!

    こんな「赤飯」のレシピもおすすめ!

    関連キーワード

    「基本・定番」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    fujinoniji 越野美樹
    • Artist

    fujinoniji 越野美樹

    調理師•やさい料理家

    • 調理師

    1歳より新宿育ち。 大手証券会社就職後、編集プロダクション・出版社勤務、湘南で約20年の惣菜店経営と料理教室講師を経て、2016年より中山間地の田舎暮らし。 フルタイム勤務をしながら、副業でライターを楽しむシングルマザー。 不器用ながら、食べたいものはなんでも手作りがモットー。 火加減や調理法、組み合わせを工夫して、日本の伝統食材や野菜のおいしさを引き出す料理が得意。 お腹いっぱい食べても元気に過ごせて、家族も喜ぶ料理を作り続けている。 生み出したレシピは700を超える。   料理講師を経て、現在は保育園で事務仕事をしながら副業でライターを楽しんでいる。 簡単!時短!野菜のおいしい食べ方など、講談社コクリコほか複数社でWEB投稿。 調理師。弁当歴14年。 フルタイムでも作れる、野菜料理の魅力とおいしさを、日本の次世代に広めたい。

    「料理家」という働き方 Artist History