レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

ヨーグルトクリームが爽やか♡絶品フルーツサンド

デザート

ヨーグルトクリームが爽やか♡絶品フルーツサンド
  • 投稿日2021/04/19

  • 調理時間20(冷やす時間は除く)

ヨーグルトクリームがあっさりとしていて、甘いものが苦手な方でも楽しめる味です💕見た目も綺麗なサンドイッチなので、ホームパーティなどにもぴったりです!

材料2人分サンドイッチ2個分

  • 生クリーム
    200ml
  • グラニュー糖
    大さじ1
  • 水切りヨーグルト
    100g
  • パイナップル
    2個(約40g)
  • キウイフルーツ
    1個
  • マンゴー
    1/2個
  • いちご
    2個
  • サンドイッチ用パン
    4枚

作り方

ポイント

・いちごはカットしたところから水分が出てくるので、キッチンペーパーで水気をしっかり拭き取ります。 ・クリームを塗る際(工程7)は、端までたっぷりとクリームを塗るのが美しく作るポイントです。 ・フルーツサンドをカットする際は、よく切れる包丁を使うと断面が美しく仕上がります。 ・水切りヨーグルトはギリシャヨーグルトでも代用可能です!

  • ザルにキッチンペーパーを敷き、ヨーグルトを約200g入れ一晩水切りし、100gの水切りヨーグルトを作る。

  • 1

    いちごはよく洗い水気を拭き取りヘタを包丁でカットする。

    工程写真
  • 2

    パイナップルは包丁で半分にカット、キウイフルーツは8等分のくし切りに、マンゴーは包丁で皮を剥き4等分にカットする。

    工程写真
  • 3

    氷水に当てたボウルに生クリーム・グラニュー糖を入れハンドミキサーでツノが立つまで泡立てる。

    工程写真
  • 4

    水切りヨーグルトを加え、ハンドミキサーで全体に馴染むまで混ぜる。

    工程写真
  • 5

    台の上にラップを敷き、サンドイッチ用パンを置いてクリームを厚さ1cmくらいになるように塗る。

    工程写真
  • 6

    フルーツを写真のように置く。

    工程写真
  • 7

    隙間ができないようにクリームをたっぷり塗る。

    工程写真
  • 8

    サンドイッチ用パンを置き、ラップで包んで1時間寝かせる。

    工程写真
  • 9

    ラップごとサンドイッチをカットする。

    工程写真
レシピID

410989

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

サンドイッチ」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

おやつラボ
Artist

おやつラボ

妻の好きなお菓子を作っている2歳児の父・マスターです。 お菓子と、時々我が家の定番メニューを投稿しています。 出来上がったお菓子は妻と2人(時々子供と3人)で食べています!子供が好きなケーキはスフレチーズケーキ。最近子供が「ケーキ!」と言えるようになり、成長を感じる毎日です。(ケーキがなくなると「ケーキ!!!!!」とすごい剣幕で叫び始めるので、嬉しい反面恐怖も感じる毎日・・・) 小さい頃からケーキが大好きで、お気に入りは誕生日などによく食べる銀座コージーコーナーのショートケーキでした。 そんな私がお菓子作りを始めたきっかけは、小学生の頃に母にクッキーを作ろうと思ったのがきっかけ。スプーンで落とす簡単なクッキーで、オーブンレンジもあったのにオーブントースターで焼くという、今ならそこはオーブンだろ!と言いたくなるような作り方ですが、それなりにできたと思ってます(笑) その後、朝早く起きてバターロールを作ったり、誕生日にはケーキを作るなど自分の作ったお菓子で家族が笑顔になってくれるのが嬉しかったです。 特に強敵だったのがスポンジケーキ。買った本の通りに作っても全然うまくできない…そこからスポンジの研究が始まり、毎日のように練習。そして焼きすぎてオーブンレンジが壊れました。 違う本を買ってもらって練習を続け(もちろんオーブンも買い直して😂)、やっと目標の銀座コージーコーナーのような、ふわふわなスポンジが作れるようになりました。 しばらくお菓子作りに熱中していたんですが、大学・就職を経てお菓子を作る機会が減ってしまいました。 妻(当時彼女)に初めて作ったお菓子は、ホワイトデーのお返しのカントリーマアム風クッキー。それまではそこそこ手作りお菓子を作ってくれた彼女ですが、それからは食べる専門を貫いています😋 2019年に子どもが生まれるのを機に、お菓子作りを再開しました。 子供の退院祝いのために作ったケーキを動画撮影して、記念にYouTubeに投稿したのをきっかけに、YouTubeチャンネル「Oyatsu Lab.」を始めました! Instagramへの投稿、YouTubeの動画編集は妻がしています!

「料理家」という働き方 Artist History