レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

マロンスコーン

デザート

マロンスコーン
  • 投稿日2021/10/26

  • 調理時間40(寝かせてる時間を除く)

自家製の渋皮栗がない時に作れる栗のスコーンを作りたくてレシピにしました。 マロンクリームは、ボンヌママンのマロンクリームを使っていますが、甘栗あんやサバトンマロンペーストでもおいしくできます。

材料4人分4センチ菊型8~10個

  • A
    薄力粉
    185g
  • A
    マロンパウダー
    15g
  • A
    きび糖
    30g
  • A
    ひとつまみ
  • A
    ベーキングパウダー
    小さじ1
  • 無塩バター
    60g
  • B
    生クリーム
    50ml
  • B
    牛乳
    40ml
  • B
    ラム酒
    15ml
  • マロンクリーム
    50g
  • マロングラッセ
    50g

作り方

ポイント

焼成温度はあくまでも目安なので、ご家庭のオーブンに合わせて調整してください。 マロンパウダーがない時は、アーモンドプードルで代用できます。 ラム酒を控える時は牛乳に置きかえてください。

  • 無塩バターを1センチ角に切っておく

  • 1

    A 薄力粉185g、マロンパウダー15g、きび糖30g、塩ひとつまみ、ベーキングパウダー小さじ1をフードプロセッサーの中に入れて、数回オンオフを繰り返す。(振るう代わり)

  • 2

    1センチ角に切った無塩バターをいれて、サラサラになるまで混ぜる。

  • 3

    B 生クリーム50ml、牛乳40ml、ラム酒15mlを合わせて一気に入れてそぼろ状になるまで混ぜる(混ぜすぎ注意)

  • 4

    強力粉(分量外)をふるった台の上に生地をだして、2センチ厚さの長方形になるように生地をまとめる。

  • 5

    生地を半分に切り、片側に半量のマロンクリームを塗ってからマロングラッセを砕いてのせる。

  • 6

    片側の生地をサンドするように重ね、また2センチ厚さの長方形にする。

  • 7

    また半分に切って片側に残りのマロンクリームを塗ってからマロングラッセをのせ、片側の生地をサンドするようにのせる。

  • 8

    生地を2センチ厚さにしてから、ラップでくるみ、冷蔵庫で1時間以上寝かせる。

  • 9

    強力粉をつけた菊型で抜いて天板にのせる。この時なるべく切り口に触らないようにする。

  • 10

    表面に牛乳を塗ってから190度で5分、150度で10分焼く。

レシピID

424636

コメント

送信

関連キーワード

スコーン」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

nori
Artist

nori

大学生、高校生の母です。 20年ほど前に某パン教室講師をしていました。 現在、主婦をしながら新しいスコーンレシピをつくることを楽しんでいます。 食べた人を笑顔にするおやつ作りを心がけています。

プロフィールへ
「料理家」という働き方 Artist History