レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

春雨と有頭えびのアジアンピリ辛炒め

主食

春雨と有頭えびのアジアンピリ辛炒め
  • 投稿日2021/06/23

  • 調理時間10

スーパーで有頭えびを見かけると、うちの夫(アメリカ人)からいつもリクエストが入るメニュー。実家に里帰りすると母がいつも作ってくれる料理。 アメリカで生まれ育ち、アジアっぽい料理に馴染みのなかった夫にとってもこれは 国境を超えた”おふくろの味” となりました! えびの旨味が染み込んだピリ辛スープをたっぷり染み込んだ春雨と、香味野菜の香りが食欲をそそります。 そのまま食べるも良し!ライムを絞って味変すると、さっぱりして更に箸が進んじゃうかも!

材料4人分

  • 有頭えび
    12尾(450g程度)
  • 乾燥春雨
    80g
  • A
    サラダ油
    大さじ2
  • A
    にんにく(みじん切り)
    10g
  • A
    しょうが(みじん切り)
    10g
  • A
    長ねぎ
    50g
  • パプリカ(細切り)
    100g
  • B
    豆板醤
    小さじ2
  • B
    オイスターソース
    大さじ1
  • C
    300ml
  • C
    ナンプラー
    小さじ2
  • C
    鶏ガラスープの素
    小さじ1
  • 小さじ1/2
  • ブラックペッパー
    少々
  • ごま油
    大さじ2
  • D
    万能ねぎ(みじん切り)
    適量(お好みで)
  • D
    パクチー
    適量(お好みで)
  • D
    ピーナッツ(細かく砕いたもの)
    適量(お好みで)
  • D
    ライム(くし切り)
    適量(お好みで)

作り方

ポイント

・有頭エビの下処理はキッチンばさみを使うと簡単です。 ・春雨はやや硬めに戻すのがポイント。柔らかく戻しすぎると、仕上がったときに切れて短くなってしまいます。

  • ◇有頭えび◇ ・ひげ、目玉、足をハサミで切って取り除く。 ・背中をハサミで開き、背ワタを取る。 ・頭と身の部分を切り離しておく。 ◇乾燥春雨◇ ボウルに乾燥春雨を入れて、かぶるくらいの熱湯をいれ、3分程度浸して戻したら、ざるにあげておく。

    工程写真
  • 1

    フライパンを強火で熱して、A サラダ油大さじ2、にんにく(みじん切り)10g、しょうが(みじん切り)10g、長ねぎ50gを入れ、香りが出るまで15秒程度炒める。

    工程写真
  • 2

    B 豆板醤小さじ2、オイスターソース大さじ1を入れて軽く混ぜて、有頭えびの頭の部分を入れて炒める。この時に木べらでえびの頭をつぶすような感じで炒めると、えびみそのうまみがソースに出てきます。

    工程写真
  • 3

    えびの頭の色が変わったらC 水300ml、ナンプラー小さじ2、鶏ガラスープの素小さじ1を入れてひと煮立ちさせる。

    工程写真
  • 4

    火加減を中火に落とし、戻しておいた春雨とえびの身の部分を入れて、時々混ぜながら水分がなくなるまで炒める。

    工程写真
  • 5

    パプリカ(細切り) を入れて軽く炒め、塩、ブラックペッパーで味を調え、ごま油で香りをつけて火を止める。

    工程写真
  • 6

    器に盛り、お好みでD 万能ねぎ(みじん切り)適量、パクチー適量、ピーナッツ(細かく砕いたもの)適量、ライム(くし切り)適量をトッピングする。

    工程写真
レシピID

415679

「にんにく」の基礎

「えび」の基礎

「パプリカ」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

EwaYuri(エバユリ)
Artist

EwaYuri(エバユリ)

◆大切な人と囲む美味しい楽しい食卓の思い出が心の栄養になる◆ ◆美味しいご飯と笑顔は言葉や文化の壁を超える万国共通語◆ 小さい頃、家族で囲む食卓が大好きでした。 母の作る美味しいご飯、お気に入りのレストラン。 家族で囲む食卓は体の栄養になるとともに、心の栄養になると思います。 私にとって家族や友達、大切な仲間と囲む食卓の美味しい楽しい思い出は大きな財産です。家族で囲む食卓が、いつか子供たちの心の財産になれと願い、日々の食事を作ってます。 生まれも育ちも日本・東京の私ですが、英語がワカラナイのにニホンゴワカリマセンなアメリカ人の夫と結婚を機にアメリカ移住。現在アメリカ、ハワイ在住19年になります。言葉が通じないのに一体どうやって結婚したんだ?と気になる方も多いかと思います(笑) 詳しくは↓に綴ってます。 《英語ワカリマセンな私がニホンゴワカリマセンのアメリカ人と超スピード婚した話 https://note.com/ewayuri/n/n977675ff4a20 右も左も英語もわからないアメリカでの生活でしたが、言葉の壁も、文化の壁も、そして何より言葉も通じないのに超スピード婚してしまった夫の事も、食いしん坊な私は”料理”を通して楽しく、そして美味しく知ることができたと思います。移民が多い国アメリカ。そしてハワイという土地柄、色々な国の人やお料理に出会います。その暮らしの中で出会った美味しい味を、家庭でも作れるような簡単なレシピを発信しています。 料理を通して多くの方々とのご縁が繋がっていければと思います。 レシピの事、アメリカやハワイの事、気になる事などありましたらお気軽にコメントなどいただければ嬉しいです! どうぞよろしくお願いします。                  EwaYuri(エバユリ)

「料理家」という働き方 Artist History