注目ワードしめじサケ里いも混ぜごはんわかめ

Nadia Artistのレシピ数:37,745レシピ

2017.06.16

さまざまなシーンで大活躍!誰もが持っている白い丸皿徹底活用術

キーワード
盛り付け おしゃれ 便利 活用術 サラダ 疲れ

食器棚に、1つや2つはある白い丸皿。白は料理の色味に関係なく盛り付けやすい、便利な器です。お皿のタイプや料理に合わせて、どんな風に活用できるかをまとめました。日々の食卓をもっとおしゃれに、華やかにするコツをご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お気に入りに追加

白い丸皿は、どんな料理にも活用できる食器のひとつです。

お皿に目一杯盛ってボリュームを出してもいいし、余白を出して優雅に盛ってもいいしと、料理やその時のシーンに合わせてイメージを自由に変えられるのも便利ですよね。

白い紙に絵を描くように楽しんで盛り付けたいのが白いお皿。それでは、活用術をご紹介します。

 

澄んだスープの美しさが際立つ白いお皿

優しい色と風味のスープに浸った色鮮やかな野菜たち。透明感あるスープの色に涼しさも感じらえる、これからの季節にぴったりのスープ料理です。

そんなスープ料理を際立たせてくれるのが、白いお皿。スープの透明感が伝わり、野菜の色が映えます。少し深さのあるタイプを選び、しっかりスープが見えるように食材を中心に盛るのがポイントです。

レシピはこちら
梅だしの夏野菜おひたし

 

同じお皿でも盛り方を変えるとこんなに印象が変わる!

同じお皿に、グリーンサラダとフルーツサラダを盛り付けてみました。

グリーンサラダはお皿にいっぱい元気よくたっぷり盛り付けても、白いお皿だと爽やかな印象に。白いお皿が葉の緑をキレイに見せてくれます。葉物はふんわり盛るのがポイントです。

レシピはこちら
焼きトウモロコシのサラダ

逆にフルーツサラダは、食材が重ためなので余白を活かしてスッキリと盛り付けるのが、美味しそうに見せるコツ。オイルやコショウ、ハーブなどで余白に動きを出すと、また違った表情になります。そうした楽しみ方ができるのも、白いお皿のいいところですね。

レシピはこちら
ちょっとオシャレに、フルーツサラダ

 

クロスや小道具を取り入れてイメージチェンジ

白いお皿は、色や柄のあるお皿と違って、クロス次第でガラッとイメージが変わり、どんなシチュエーションにも馴染んでくれるという優れた点も。つるっとした磁気の白い丸皿は洋風なイメージですが、和風のナプキンを使って箸や和の取り皿を添えると、先ほどのサラダが和風サラダに大変身です。

 

いろいろな食材を乗せたワンプレートディッシュはバランスよく

ワンプレートに盛り付けるなら、大きめの白いお皿が便利です。お皿にバランスよく盛り付けることで、ハンバーグや野菜などそれぞれの品がしっかり美味しそうに見えます。

ソースとのコントラストも刺激的で、食欲をそそりますね。

 

白いお皿を上手に使って料理を楽しんで

料理に合わせた盛り付け方をマスターすれば、いつもの白いお皿でもぐっとおしゃれに、美味しそうに見せてあげられます。盛り付け方、合わせるクロスや食器を工夫すれば、同じお皿でも全然違うイメージにもなります。

さまざまなシーンで活用できる白いお皿。効果的に使って、素敵な食卓を演出してくださいね。



こちらの記事もチェックしてみてくださいね。
さりげなく、ちょっとおしゃれに見せる食器収納テク
センスいい!と言われるワンプレートの盛り付けテク
【プロが教える!】白・暗い色・柄・四角のお皿の上手な盛り付けテク

 

この記事のライター

keiko akiyama
https://oceans-nadia.com/user/57421

キーワード
盛り付け おしゃれ 便利 活用術 サラダ 疲れ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お気に入りに追加

おすすめ記事

関連記事

ページの先頭へ