レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

チョコ♡フロランタン♡バレンタインに

デザート

チョコ♡フロランタン♡バレンタインに
  • 投稿日2018/01/31

  • 調理時間60

甘さを控えたチョコレート入りのクッキー生地に、大人気のキャラメルフィリングを敷き詰めて焼き上げました。大量生産出来てバレンタインにもってこい。友チョコに本命に、もちろん自分へのご褒美に、美味しくて幸せになるフロランタンです。もちろん切った時の断面も美しく、インスタ映えしますよ。

材料28cmスクエア型

  • A
    薄力粉
    180g
  • A
    ピュアココア
    12g
  • B
    砂糖
    50g
  • B
    チョコレート(ブラック)
    50g
  • B
    無塩バター
    70g
  • C
    卵黄(L)
    1個
  • D
    無塩バター
    70g
  • D
    砂糖
    50g
  • D
    はちみつ
    大さじ3(66g)
  • D
    生クリーム
    100cc
  • D
    アーモンドスライス
    100g

作り方

ポイント

完成したら、まだ温かいうちに切り分けます。冷めてしまうと、切る時にバキッと割れてしまいやすいです。

  • 焼き型にオーブンシートを敷き、四隅に切り込みを入れておきます。A 薄力粉180g、ピュアココア12gは、合わせてふるっておきます。キャラメルフィリングの材料もそそっているか確認しておきます。

    工程写真
  • 1

    B 砂糖50g、チョコレート(ブラック)50g、無塩バター70gを600ワットのレンジで1分程加熱、溶かし混ぜます。熱すぎるようなら少し冷ましてからC 卵黄(L)1個を入れて混ぜます。

    工程写真
  • 2

    ①に合わせてふるっておいた粉類を混ぜ合わせます。

    工程写真
  • 3

    ひとかたまりになったら、生地を焼き型の台の上に出して、綿棒でのばします。型の四隅まで生地を綺麗にのばします。押さえつけるようめん棒を押し当てると綺麗に出来ます。

    工程写真
  • 4

    綺麗ににのばせたら、ホォークで穴をあけます。次の日焼きたいなら、この状態で、1日冷蔵庫で寝かせておいてもかまいません。その場合は、きっちり、ラップして乾燥しないように保存します。

    工程写真
  • 5

    170度に余熱したオーブンで、17分焼きます。焼けました。

    工程写真
  • 6

    焼いてる間にキャラメルフィリングを作ります。フライパンにアーモンドキャラメルの材料D 無塩バター70g、砂糖50g、はちみつ大さじ3(66g)、生クリーム100cc、アーモンドスライス100g計量し、火にかけます。

    工程写真
  • 7

    中火で火にかけ煮立ったら弱火にして、2分ほど煮立たせる。

    工程写真
  • 8

    クッキーが焼けたら、熱いうちにクッキー生地にかけます。クッキーがまだ焼けてなければ、火を止めてスタンバイ。クッキーが焼けたら、ちょっとだけ温めてクッキーにかけます。焼き上がりの10分前くらいに計量し作り始めるとちょうどいい感じかな。

    工程写真
  • 9

    180度のオーブンで、さらに13分〜15分ほど焼きます。そのまま冷まします。今回は下段で15分焼きました。きつね色になるまで焼いて下さいね。

    工程写真
  • 10

    焼けたら冷まします。

    工程写真
  • 11

    手で触れるくらいにまでなれば、包丁でお好みの大きさに切ります。綺麗にカット出来ました。まだ温かいので完全に冷めるまで、形が崩れないように、そのままにします。冷めたら瓶に詰めて、湿気ないように保存してね。

    工程写真
  • 12

    何枚でもいけちゃう♡

    工程写真
  • 13

    コーヒー紅茶のお供にも

    工程写真
レシピID

235705

「チョコレート」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

田村 りか
Artist

田村 りか

こらない簡単料理研究家。兵庫県在住。2人の大学生の母。 子供の頃から料理本を見るのが大好きでした。 子育ての間の息抜きは、図書館でのレシピ本読破でした。 美味しい料理で愛情注ぎ、子供達は保育園から高校卒業まで 皆勤賞☆でした。私も頑張ったが子供達も頑張った14年間でした。 食育大切にしたいです。 人生折り返し地点を過ぎ、しみじみ料理って愛だと思います。 おばあちゃんの味、お母さんの味、私の味、子供達に伝えるべく レシピアップ。 命をつなぐもの、自分、家族、そして他人の命みんな大切にしたいと思います。

「料理家」という働き方 Artist History