レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

冬至に作ろう♪かぼちゃと小豆のいとこ煮

副菜

冬至に作ろう♪かぼちゃと小豆のいとこ煮
  • 投稿日2019/12/22

  • 調理時間20

お気に入りに追加

280

冬至にかぼちゃを食べると病気にならないと言われてます。 冬至に食べるお薦めかぼちゃレシピをご紹介します。♪ かぼちゃには免疫力を高めるカロテンやビタミン類が豊富に含まれ、 中でもビタミンEやビタミンAが多く、血行を良くして脳卒中の予防や、 肩こりなどの症状を改善する効果と言われています。  小豆も抗酸化作用のあるポリフェノールや腸内環境を整える サポニンなど豊富な栄養があります。 これから寒さが一段と厳しくなりますので、美味しく食べて元気に過ごしましょう。

材料2人分

  • かぼちゃ
    250g
  • ゆで小豆
    100g
  • A
    200cc
  • A
    砂糖
    大さじ1
  • A
    少々
  • 醤油
    小さじ1(あれば薄口醤油)

作り方

ポイント

①かぼちゃが煮崩れしないように面取りをしてください。 ②火が強すぎると煮崩れしやすくなるので、一度汁気を温めたら ゆっくりことこと煮てください。

  • かぼちゃはわたと種を取り除き、一口大に切り、面取りをする。ゆで小豆は汁気をきっておく。

    工程写真
  • 1

    鍋に皮側を下にして並べ、A 水200cc、砂糖大さじ1、塩少々を入れ落し蓋をして、中火で熱し、煮立ってきたら火を弱め10分ほど煮る。 ※かぼちゃに竹串がスッと通るまで煮てください。

    工程写真
  • 2

    ゆで小豆、醤油を加えて、再度5分ほど煮る。

    工程写真
  • 3

    器に盛り付けて完成です。

    工程写真
レシピID

383995

「かぼちゃ」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

かぼちゃ」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

くつろぎの食卓
Artist

くつろぎの食卓

♡家族の糖尿病食を作っていたので、和食、あっさり系、野菜料理が得意です。 【プロフィール】 近畿大学法学部卒 大手コールセンターに22年間勤務 2017年cookpad「和風おかずコンテスト」での受賞を機に、スーパーのメニュー提案部門に転職。顧客に向けたメニュー提案、レシピ作成、商品PRに携わりました。 【料理歴】 4歳から祖母に料理を教わり、母が病気で他界したので、13歳から家族のために料理を作ってきました。糖尿病の父のために栄養学や食事療法を学び、30年間 食事管理をし、介護を行いました。 【くつろぎの食卓の由来】 主人、愛猫と食卓を囲み、くつろいで食事をする様子をハンドルネームにしました。 【資格】 ・食育コミュニケーター、食育アドバイザー、ベジタブル&フルーツアドバイザー、フォトスタイリング2級、食品衛生責任者 【師事先】 ・レコール・ヴァンタン・キャリアカレッジ 調理&フードコーディネーター学科 受講 ・京都調理師専門学校内 料理教室「ラ・キャリエール」 京料理専科、イタリア・フレンチ専科で各講座 月1回×2年 受講 【活動状況】 2021年1月 卵巣癌ステージ3Cで余命宣告を受けましたが、緩解して維持療法を継続しています。現在はibelive Medical㈱の浄水器、屋久島産 無農薬緑茶のメルカリshops、ラクマ、ヤフオク、BASEで販売しています。

「料理家」という働き方 Artist History