レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

【10分で本場の味】自家製コチュジャン

調味料

【10分で本場の味】自家製コチュジャン
  • 投稿日2018/06/09

  • 調理時間10(熟成させる時間は除く)

辛さとコク深い甘さが美味しい!韓国の定番調味料「コチュジャン」を手作りしてみよう! 本来は大豆麹、もち米で作り、2ヵ月の熟成が必要ですが、今回は一般的な米味噌で作るので、調理時間は10分!熟成は2日で本格的なコチュジャンを再現しちゃいます。 市販のコチュジャンは甘さが強いものが多いですが、このレシピはコク深い甘味が韓国唐辛子の辛味を引き立ててくれています。 1年は冷蔵保存が可能なので、たっぷり作って常備しちゃおう!美味しい使い方レシピは随時更新していきますよ!

材料約600g分

  • A
    きび砂糖(三温糖でも可)
    100g
  • A
    100ml
  • A
    小さじ1
  • 味噌(米麹)
    300g
  • 粉唐辛子
    70g
  • B
    小さじ2
  • B
    小さじ1
  • B
    醤油
    小さじ1

作り方

ポイント

・きび砂糖を使うことで味にコクと奥行が出ます。 ・味噌は米麹味噌をオススメしますが、麦味噌でも可。 ・粉唐辛子は韓国産のものがオススメです。 ・酢は米酢がオススメです。 ・市販のコチュジャンよりも甘さ控えめ、程よい辛味があります。辛いのが好きな方は粉唐辛子の量を増やして下さい。

  • 1

    A きび砂糖(三温糖でも可)100g、水100ml、塩小さじ1を鍋に入れ、強火にかけ、混ぜながら1分加熱して砂糖を溶かす。

    工程写真
  • 2

    ❶へ味噌(米麹)を入れ弱火にし、ダマが無くなるまで混ぜ溶かす。

    工程写真
  • 3

    ❷へ粉唐辛子を入れ、練り混ぜる。

    工程写真
  • 4

    全体が馴染んできたら火を止めて3分置いて粗熱をとる。

    工程写真
  • 5

    ❹へB 酢小さじ2、酒小さじ1、醤油小さじ1を加え、混ぜる。

    工程写真
  • 6

    煮沸消毒した瓶に入れて2日冷蔵庫で熟成させたら完成! ※冷蔵で1年保存可能。 ※出来立てでも使えますが、熟成させた方が味が馴染んで断然美味しくなりますよ!

    工程写真
  • 7

    【コチュジャンレシピ#01】 韓国風TKG クリームチーズとコチュジャンの相性抜群! https://oceans-nadia.com/user/100026/recipe/300949

    工程写真
  • 8

    【コチュジャンレシピ#02】 野菜たっぷり!ピリ辛スンドゥブ コク深いピリ辛スープと優しい味の豆腐が美味しい! https://oceans-nadia.com/user/100026/recipe/302665

    工程写真
  • 9

    【コチュジャンレシピ#03】 混ぜてレンチン1分!辛旨!コチュさきいか 韓国の人気おかず!お酒にご飯が止まらない! https://oceans-nadia.com/user/100026/recipe/303209

    工程写真
  • 10

    【アルバム】→【韓国・コチュジャン】に自家製コチュジャンの美味しい使い方レシピを随時更新中です!是非チェックしてみて下さいね。

レシピID

300948

「調味料」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

コチュジャン」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

三浦ユーク
Artist

三浦ユーク

料理研究家、キッチン男子部・部長、元寿司職人(アメリカ) テレビ番組フードコーディネート、料理動画監修、企業レシピ考案、レストランメニュー開発、コラム執筆、料理教室、食イベントへの出演等。 メキシコ料理、沖縄料理、お酒にぴったりな肴や料理が得意ジャンル。ニッチな食材を使ったレシピ、手作り調味料にも力を入れています。 料理を作る時のモットーは「調和とアクセント」。全体のバランスを考えつつも、香り・食感・味覚を刺激するアクセントを加えることを意識しています。 「世の中にもっと料理をする人が増えれば、大切な人とのコミュニケーションが増えるし、美味しいものを一緒に楽しむ時間を共有でき、世界は今以上に幸せになるんじゃないか?」という想いから、料理人口を増やすべく啓蒙活動として、おもてなし料理クリエイター集団「キッチン男子部」を設立、主宰。 料理は表現であり、感動と幸せを提供できる「エンターテインメント」だという想いで活動しています。

「料理家」という働き方 Artist History